軽井沢弾丸ツアー

Pocket

風鈴

なんとなく夏休みの残り香を味わいたくて、家族で軽井沢へドライブに行ってきました。

※今回は(も)ただの日記です。オチもありません。

我が家の場合、所沢ICが比較的近いので車で大体2時間くらいで軽井沢に着くことができます。なので思い付きで、そうだ軽井沢に行こうと決めることができなくもないのです。入間のアウトレットに行くくらいなら軽井沢のショッピングモールに行っちゃうか的なノリで所沢ICに吸い込まれたのが前回で、今回の思い付き軽井沢は2回目です。

ここ何年かは軽井沢に宿泊することも多かったのですが、今年は旅行はすでに行ってしまっているので、日帰りです。ツルヤへ食材買いに行くか、的なノリでドライブしてきました。

9月に入ったからか、土曜の高速道路はだいぶ空いていました。

ドライブ中、子供たちはiPadで事前にダウンロードしたアニメをみたり、iPhoneでゲームをしたり、昼寝したり、かなりグータラな感じで過ごしていました。突然トイレだの気持ち悪いだの言われなくなったので運転者としては快適になりました。

ちなみに、車内が臭い臭いと子供から言われるので、車内に利用できるスプレーを散布してみたり。

ここ最近交換した記憶がないエアコンのフィルターを交換してみたり。

車内を掃除してみたりもして、色々試していますが、まだこれといった解決策が見出せていません。そういえば無駄に革シートだったりするのにも原因があるのかもしれません。根本的には車を買い替えかもしれません。そういえばもう10年以上乗っているのです。

話が逸れましたが、距離的には140kmくらい離れている軽井沢ですが、車があれば案外近いと感じることができるかもしれません。新幹線だともっと近いのでしょうけど。

せっかく軽井沢まで行くのだからアウトレットに寄って、美味しいランチを食べて、ツルヤに行ってこよう、くらいの気持ちで行って来たのですが、9:30くらいにアウトレットに着いてしまったので、旧軽井沢あたりまで散策することにしました。車はアウトレットの駐車場に停めたので、レンタサイクルでも借りるかと思ったのですが、かなり都内のシェアサイクルに比べて料金が高かったので、徒歩とバスで移動しました。

旧軽井沢は特筆すべきところはありませんでした。軽井沢銀座は賑わっていましたが、ここにしかないような店が少ないような気がします。子供が陶器の色塗り(らく焼き)を体験した程度で、早々にアウトレットに戻ります。

アウトレットでは、前々から欲しかったノースフェイスのフライウエイトレーシングというランニング用短パンを購入。それ以外は目ぼしいものには出会えず。dan gentenの長財布は少し迷いましたが、今のがまだ使えるので自制しました。あとはクアアイナのハンバーガーがとても美味しかったです。かなりお腹いっぱいになりました。

そして本日メインイベントのツルヤに向かいます。ヤオコーと同じようにオリジナル商品が充実しているし、信州ならではの物産が買えるのが良いですね。そんなに高くもないし。今回は桃なども購入したりして、1万円くらいの会計になりました。スーパーにしてはついつい散財しすぎてしまいます。

帰り際、子供にはパピコを与えておいて、大人はモカソフトをいただきます。アウトレットでも旧軽井沢でもツルヤでも結構歩いたので、疲れが溜まって来たのでエナジードリンクも注入して帰りのドライブです。

三芳PAのスマートICで降りて、埼玉スポーツセンターの温泉に寄ろうと思ったのですが、この日は三芳町の花火の日だったので周辺道路が混雑していて、温泉には入れず。でも渋滞中、冷房の効いた車内から花火鑑賞ができたので良かったです。

そうそう、埼玉に戻ってみると、蒸し暑さにびっくり。快適な気温に、だいぶ秋めいてきたなあと思っていたのですが、単純に軽井沢だったからで、埼玉はまだまだ残暑が厳しいですね。

本日の軽井沢弾丸ツアーを振り返ってみると、思い付きのドライブにしては充実した1日になったような気もしますが、我が家の出発は7:30、到着は20:30で、結構歩きや運転でぐったりと疲れてしまいました。

子供にとってはほぼ買い物の日という感じになってしまい、そこまで旅行気分でもなかったし、アウトレットでは子供を宥めながら広大な土地を歩いた割には良い買い物はできなかったし、車の運転はそもそもそんなに好きではないですし。子供がもう少し大きくなれば買い物も楽しめるので、それまではアウトレットは行かない方が良さそうです。軽井沢銀座は当面行かなくても良さそう。子供が色塗りした陶器はなかなか良かったけど。

でもツルヤは相変わらず良かったです。通販が微妙なのが本当に残念です。

あと、運転が疲れるのは車のせいなんじゃないかと思ってきました。次、車を購入するとしたら、もう少し馬力を考慮してみよう。

最後に、今回一眼レフカメラを持っていきましたが、一枚も撮影しませんでした。なので上記の写真は川越の氷川神社です。よくあるよね。

Pocket