アラフォーからスタジオレッスンデビュー

Pocket

彩湖

フィットネスクラブ(セントラルスポーツ)には通っていますが、ジムでのマシントレーニングばかり利用しています。

時々、スタジオから楽しそうに身体を動かしているのを横目でみて、「ふん、友達のいない自分には関係ない世界さ」と無視を決め込んでいました。

そう、正直、興味はあったのですが、一人で参加する勇気がなかったのです。

しかし、同じマンションに住む知り合いNさん(仮名:イケメンでスポーツマンで社交的)が、フィットネスクラブに通っていることを知り、恐る恐るスタジオレッスンに誘ってみると、すでにお一人で参加されているとのこと。じゃあ自分も一人で、とも思ったけど、初回だけはやっぱりご一緒させていただくことにしました。

ビビリな自分としては、初回は難易度の低いレッスンから参加したかったのですが、Nさんがやっていた「ファイトアタックPRO」という格闘技系の動きを取り入れたレッスンに参加してまいりました。「ファイトアタック」「ファイトアタックPRO」はセントラルスポーツオリジナルのレッスンですが、他のフィットネスクラブでも同じような名前の格闘技系プログラムがあると思います。ちなみに「ファイトアタックBEAT」もありますが、難易度はPROが高いようです。

日曜日の14:25から、という中途半端な時間帯にも関わらず、レッスンにはかなりの人が集まっています。年齢層は高め。アラサーの人ですら若くみえるくらい平均年齢は高いと思われます。うむ、これならアラフォーの自分でもレッスンについて行けそうと思っていました。…いました。

レッスン前に軽いストレッチとか準備運動があり、インストラクターの声の指示で身体を動かして行くのですが、声だけでは正直よくわからないのです。周り人たちは、付いていっているので自分の理解度が低いだけな可能性もあります。慣れ、かもしれませんが。声だけで動きが想像できるラジオ体操って偉大だなあと感心していました。

ファイトクラブPROと言っても、ミットを打つわけでもないし、基本動作は教えて(おさらいして)くれます。格闘技の経験などない自分でしたが、パンチってこうやって打つんだとジャブ、クロスくらいは楽しく身体を動かしていました。

しかし、コンビネーションが始まると、途端に身体が動かなくなります。頭がこんがらがってきて、とりあえずそれっぽい動きを真似てみます。大混雑でインストラクターの人の動きが見にくかったというのもあり、自分の手本は周りの人たちでしたが、周りの人たちはスムーズに動けている人ばかりで、びっくりです。隣のマダムは自分より足が上がっていましたよ。

自分も全く付いていけないということはなく、最後の方にはなんとかコンビネーションもついていけるようになり、かなり自己陶酔できました。すっごい疲れるというわけでもなかったのですが汗の量は半端なく、鏡の前のファイティングポーズしている奴(美化した自分)の汗が光っていると、ナルシストになれそうです。うむ、確かにストレス発散になりそうなレッスンでした。

このレッスンに3回くらい参加しましたが、コンビネーションがうまくできないときは、あれ今日はなんだか調子悪いな、的な感じを出してみたり、鏡の中の自分がおかしな動きをしているときは、鏡ではなく隣の人を見るようにしたり、とだんだんとコツを掴めてきました。あと、途中で水分補給休憩を入れてくれたりするので、ペットボトルなどドリンクは持ち込んだ方が良いですね。

ちなみに毎回、次の日には腰が痛くなります。パンチって足から腰、背中を使って打つので、そのせいかなと思っているのですが、逆にヘルニアを再発しそうな感じが少し怖いです。それ以外は普段使わない筋肉を強制的に動かしてくれるので、筋肉痛がでることもありますが、気持ち良いです。自分だけでは絶対やらない動きなので、参加してよかった、と思います。

レッスンの雰囲気は、なんか独特な感じもします。参加者には、いかにも常連者って人から邪魔するな的なオーラを感じたり、動きに付いていけなくてもニコニコ楽しんでいる人もいて安心できたり、自分みたいな初心者も毎回います。いろんな人がいますが、(連続で膝蹴りなど)キツイ内容には、みんなで声を出して一体感が出たりもします。良くも悪くも独特な感じです。

インストラクターの方はプロっぽい動きをしていて、とても優雅です。3回参加して同じインストラクターでしたが、同じレッスン内容だったこともなく、毎回少しずつ内容を変化させてきているようです。先ほど参加者同士の一体感が出るときもある、と記載しましたが、それはこのインストラクターの誘導のおかげです。他のレッスンをしたことがないので比較はできませんが、気持ちを乗せるのがうまいなあと思います。

ヨガマットとかダンベルとかミットとか、機材を使うようなレッスンは、自分にはまだ少し敷居が高いかもしれません。今回のような機材を使わず、かつたくさんの参加者がいれば、なんとか困ることもなさそうです。ちなみに自分が変な動きをしているとか誰もみていませんので恥ずかしがることはありません。基本的にみんな自分に酔っていますから。

ジムのレッスンは、今まで参加してこなかったけど、これだけの汗をかくことができ、達成感もあるので、大満足です。今後は積極的に利用していきたいと思いますし、他のレッスンもチャレンジしてみようかなという気持ちにもなっています。アラフォーになってくると強制されるのが嫌でたまらなくなるんだけど、運動などはたまには強制的に動いた方が新しい発見があって良いと思いますよ。

Pocket