マンション暮らしにはスティック型クリーナーがビッタリ

Pocket

PV-BD700

以前にパナソニックのプチサイクロンという掃除機がマンション住まいには最高という記事を書いた。

マンション住まいにぴったりなプチサイクロンMC-SR20Gを購入

この掃除機、使い始めて5年経った今となっては、可もなく不可もなく使い続けています。と言いたいところでしたが、結構トラブル続きだったのです。

保証期間がちょうど過ぎた頃、コンセントが曲がってしまって電源ケーブルごと交換になって有償修理になったり、ホース(ビニール)が破れてしまったり、自走式ヘッドが自走しなくなってしまったりと、自分でも直すことはできたり部品だけ購入したりと、色々と工夫しながら使ってきましたが、Amazonのタイムセールで、憧れのコードレス(スティック)タイプの掃除機が安く売っていたのを機に買換えをしました。

掃除機は7〜8年くらいは使いたかったのですが。

なぜコードレス掃除機が欲しかったかというと、車の車内を掃除したかったから。後部座席で子供達がおやつを食べたりするので、時々吸い取ってやらないとマズイ事になるのです。ただでさえ酔いやすい家族なのですが、ニオイがあると余計に車嫌いになってしまいます。今まではガソリンスタンドで洗車した時のついでに有料の掃除機を利用したりするのですが、新しい掃除機を手に入れてからは少しだけ小まめに掃除するようになりました。

購入したのは、日立のコードレススティッククリーナー「パワーブーストサイクロン PV-BD700」になります。思ったよりも大きくて思ったよりも重たかったのですが、かなり気に入っています。

大きさと重さに関しては、車に持って行くときには気になりますが、普段はそこまでマイナス点ではないです。そもそも自分がスティックタイプの掃除機の大きさを知らないだけだったのですが、利用していない時の充電台にセットした状態では以前のプチサイクロンよりもスペースをとらなかったりするくらいの大きさです。

一番気に入ったのは、コードレスというところ。我々のライフスタイルにベストマッチしました。今まで掃除機は使わない時はしまっておくものと思っていましたが、今回充電台がある事により部屋のインテリアのように掃除機を置いておくことにしました。このおかげで、気軽にちょこちょこ掃除をするようになったのです。今まで掃除機を取りに行って、電源ケーブルを引っ張ってコンテントにプラグを挿して、別の部屋を掃除する時はまた別のコンテントに挿し替えて、とやっていましたが、これが結構面倒だったようなのです。

コードレスにする事により、パワーが落ちるのかなと思っていましたが、日立のパワーブーストサイクロンはパワー不足を感じさせません。以前のプチサイクロンと同等です。自走ヘッドやライトもあるので使い勝手が落ちることもありませんでした。ただ、制限時間があるのは仕方ない部分ですね。パワー不足はない、と言いましたが、それは最高パワーの時。その場合は10分弱くらいでバッテリーが切れてしまいます。フローリングを掃除する時は最高パワーはそもそも不要なので標準モード(30分くらい稼働する)で掃除すれば良いのですが、制限時間があると思うと少し焦ってしまうのも確か。

この掃除機はサイクロン式でもあるので、ゴミがプラスチックのカップに溜まり、時々カップに溜まったゴミをゴミ箱へ捨てる必要があります。そのゴミの収集用カップ(容器)が小さいのですぐにゴミがいっぱいになってしまいます。でもこのカップが自分で分解できて水洗いなどの掃除もできるので、衛生的に安心です。仮にゴミが詰まったとしても自分でなんとかできそうなのが良いです。

自走式ヘッドも、ある程度は分解掃除ができます。長い糸を吸い込んでしまうと、ローラー部分に絡んでしまうこともあるのですが、こちらも自分でメンテすることができます。

マンションの場合は、そもそも全ての部屋を掃除しても、7〜8分くらいで終了する広さですし、コードレスではない場合は本体があちこちにぶつかってしまったりしてイライラしたりもします。今回ダイソンなどのコードレス掃除機の評判が良いというところから新しい掃除機を探しましたが、2万円ちょっとで購入した日立のものでも全然満足ができました。狭くてモノが溢れがちなマンション住まいで、車も掃除したいみなさま、コードレスタイプの掃除機は非常にオススメですよ。

Pocket