雑な人間がiPhoneを裸で運用するために

Pocket

iPhoneX

iPhoneXは結構分厚い。

そして、結構重たい。

会社の業務用携帯として古いiPhone6を利用しているんだけど、とても薄くて軽い。動作はちょっともっさりする時はあるけど、暑さ重さに関しては古い機種なのにとてもスマートだと思う。

四六時中一緒に居るパートナーとして、iPhoneXはそろそろ2年近くにもなる。動作スピードや使い勝手などには満足はしているんだけど、もう少しスマートにならないものかと思っていた。

iPhoneXを分厚く重たくしている要素に、ケースという存在がある。そもそも(最悪壊れてもいっかと思える?!)業務用電話のiPhone6にはケースをしていない。もちろんiPhoneXと6では本体の厚さや重さも全然違うけど、iPhoneXにはさらに保護のためにケースを付けて分厚く重たくしているのです。スマートじゃないです。

個人用携帯は、壊してしまったら自己責任で高いお金を払って修理しなきゃだし、液晶画面割れている状態には耐えられない人間です。そのくせ大事に扱っているかと言われると、いろんなところに放り投げたりするくらい雑な扱いをしてしまっています。だからこそケースは必須なのです。

せっかくなので今まで使ってきたケースを紹介しておきます。

なるべくケースを付けている感じを無くしたくて、クリアでシンプルで薄そうなものを選びました。極薄とまではいきませんが、不満はなく1年以上乱雑な扱いにも耐え、最後、落下させてケースの角が少し欠けるまでは変えようとは思いませんでした。あ、自分ポリカーボネートなどのハードケースが好きで、柔らかいTPU素材は好みじゃないです。ハードだからこそ、落下にも弱いのでしょうけど。

さて、ケースが欠けてしまったし、そろそろ気分転換もしたかったので、次に購入したのはこちら。

見た目が少し変わっているケースです。青いグラデーションが、ブラックの本体ではそこまで目立つ感じじゃなくて、そのさりげなさも良かったのですが。全体的に分厚くて重いです。バンパー部分が好みじゃないけどソフトなTPU素材なので落下しても安心だし、背面のガラス素材もツルツルしていて綺麗です。でもその大きさから野暮ったく感じてしまい、なんかスマートじゃないと思うように。

iPhoneケース

ということで、悪くはなかったのですが、しかも壊れているわけでもないのですが、交換しちゃいました。なぜならiPhoneXを使ってそろそろ2年。24か月の割賦支払の終了が近づいてくるということで、もしかしたら新しい端末に買い替える可能性もあり、そうなるとそろそろ雑に、ケースを着けない裸での運用をしても問題ないんじゃないかと思うようになってきたからです。

でも裸は流石に怖いなあと思って、前面と背面の両面をガラスフィルムで覆うことに。まあ気持ち程度の保護でしょうけど、液晶画面割れは多少防げるでしょう。

あまり深く考えもせず、というかタイムセールで焦って買ってしまったのがこちらの全面強化ガラスフィルム。2枚セットで全面と書いてあったので背面分も付いているものだと思ったのは内緒です。

貼り付けやすいようにガイド枠と付いていましたが、逆に失敗しました。ガイド枠なしに普通に貼ったらうまくいきました。ガラスフィルム自体を使うのは初めてですが、可もなく不可もなくいい感じだと思います。

というわけで背面のガラスフィルムも追加購入。こちらはiPhoneXより一回り小さいサイズだったのでガラスの厚さによる段差が目立つような気がします。そもそもカメラ部分の出っ張りを切り抜いてあるのではなく左上が欠けているデザインなのもなんだか少し残念です。

iPhone背面ガラス

この両面をガラスフィルムで覆うスタイルはなかなかいい感じです。ガラスの触り心地もよく、見た目も綺麗で、そして何より薄くて軽くてとてもスマートです。まさに裸に近い状態でしょう。

一応、ガラスフィルムを貼っている部分は守られるので、多少乱雑に扱っても画面が割りたりはしないでしょう。

しかし、過信は禁物です。そもそも1番はじめのケースも「角」が欠けています。つまり一番保護すべきはiPhoneの四隅の角なハズですが、このスタイルではそこはノーガードなのです。

あと何か月、iPhoneXを使用し続けるかはまだわかりませんが、当面はこの両面ガラスフィルムスタイルで運用していきたいと思います。正直かなり気に入っています。

Pocket