ワープロへの憧れ

Pocket

DM200

昔、ワープロがとても欲しかったのです。

もの書きになりたかったからです。その為に、漢字が苦手な自分としてはいちいち辞書でわからない漢字を調べる必要のないかな変換機能がついたワープロが、必需品に思えたのです。

原稿用紙やノートを買って、そこに文章を書いたこともありました。しかし、いつも途中で挫折しており、完結した物語はありません。それはきっと、シャーペンやボールペンでものを書くという行為に面倒臭さを感じたからだと思っていました。(素晴らしいいい訳です)

しかし、ワープロは高価でした。自分の家では一生かかっても購入することができないだろうと思っていました。

いつの間にか時代が変わり、ワープロよりも高機能なPCが普及したことにより文字を打つだけであれば、そこまでお金をかけずとも入手できるようになりました。それこそ、アルバイトして貯金すれば手が届く程度に。

ということで、PCやMacなど(もちろんワープロ機能もついた)マシンをいくつか購入してきました。もちろん、あんなに憧れていたワープロの機能を使いまくっているはず、なのですが何故か執筆活動はほとんど進捗しておりません。

もしかしたら、PCやMacには余計な機能がたくさんついているから集中できないのかもしれません。

もしかしたら、入力装置であるキーボードが手に馴染まず気にくわないのかもしれません。

もしかしたら、いつでもどこでも執筆できるようなポータビリティがないからかもしれません。

今でも、文書を書くための専用マシン、というのは少なからず憧れます。心地よいキーボードがついていて、思い付いた時にサッと文字入力ができて、どこでも持ち運べるような小型ワープロがあれば良いなあと思っていました。

なので、キングジムのポメラにはかなり期待していました。

まさに自分の憧れたマシンなのではないでしょうか。

しかし、高価でした。いや決して買えない価格ではありません。でも機能を絞っているのにこの価格かと思うと購入には踏み切れません。食べ放題のお店で単品注文するようなもったいないマネは自分にはなかなかできません。

つまり、問題は今も昔も価格なのでした。

そんな時に、みつけてしまいました。AmazonアウトレットでポメラDM200が安価に売っているのを。価格という問題が若干解決したのです。

ちなみに当たり前のように、ポメラDM200という単語を使っていますが、こちらはキングジムから発売されているデジタルメモマシンです。メモ入力専用機なので、キーボードとディスプレイだけと余計な機能がないことと、メモに特化したことで起動も速いのが特徴です。キーボードもなかなか打ちこみ易いようです。

しかし、いざ商品が届いて開封すると、期待が大きかった分余計にがっかりしてしまった部分があります。商品自体はアウトレットなのに新品と見紛うほどかなり綺麗な状態だったのですが、少し湾曲していたのです。逆さで置くとがたついたり、蓋がぴったりと閉まらない気持ち悪さにより、返品させていただくことにしました。Amazonアウトレットは返品もできるのです。自分でも少し神経質過ぎるとは思いますが、初めからこの部分を説明に書いていてくれたら購入はしなかったでしょう、ということで。

ポメラは自分にとって悪くない製品でした。(天板が曲がっていなかったら)

でも、ポメラじゃなくても、ポメラでやりたいことは実現できる筈なのです。と自分に言い聞かせることにします。

今は、MacBook Air (11-inch, Mid 2012)を文字入力マシンとして使っています。 軽くて薄いのが素晴らしいのはもちろん、メインマシンじゃないのである程度繁雑に扱えるのも重要なポイントです。

電源を切らずに常にスリープモードにすれば、起動時間はほぼ気にならないし、キーボードだって満足のいくものです。強いていうならばバッテリーの持ちが悪くなってきたような気がするところでしょうか。あとは、MacBookProのRetinaディスプレイをみた後にMBAのしょぼい解像度をみると、少しがっかりしてしまう感がありますがこればっかりはしょうがないと思います。

このMBAに、「テキスト専用マシン」などとシールでも貼っておけば、自分のやりたいことはほぼ実現できている筈です。

必要最低限のアプリしかインストールしないというのも”手”です。OmniOutlinerとMarsEditだけをインストールしておくとか。もしくはWi-Fiを常にオフにするとか。

これで、一番肝心な、執筆環境は整いました。

でもやはり、いや何故か、執筆の進捗はほとんど変わりません。不思議なものです。

いつの日か、ポメラの新型(想定型番:DM300)が自分の納得する値段で発売された時に、ワープロへの憧れは解消されることになるのでしょうか。(実はDM30には値段的に結構惹かれていますが。)

Rapha MacBook Air

最後に、Raphaのサコッシュと、MBA11インチの相性は抜群です。自己満足ですがお洒落で嵩張らないので最高です。サコッシュ背負ってロードバイクに乗っちゃったらさらに最高、だけど転んだら怖いし流石にやらなそうだけど。

Pocket