フィットe:HEVクロスター納車

Pocket

フィット ハイブリッド 2020年モデル e:HEV CROSSTAR

クルマを所有するって素敵ですね。

新車のニオイに、そして運転席から見える新しい景色に久しぶりにワクワクしました。雨の日の納車にも関わらず。

前時代的なことを言ってすみません。正直所有しなくても同じようなワクワク感を得られたのかもしれません。でも所有したからこそ感じるものも確かにあったと思います。

この辺りがデザインシンキングで言語化できると良いんだろうけど。今回のフィットのテーマである、人間中心、つまり燃費などの数値ではなく心地良さを求めたとのことに通じるものがあると思うけど、フィットじゃなくても所有欲の話はできそうですね。

さて、クルマ自体の話です。

なぜこのクルマを選んだかというと、コンパクトで最先端である、という部分が大きいと思います。

クルマを買った話

「コンパクトがいい」というのは、自分の欲求を的確に表現した言葉ではありません。狭いところでも運転しやすいとか価格が低め(※)であるとか、そう言った具体的な良い部分の総称です。もちろん小さいがゆえに犠牲になるものもたくさんありますが、それを踏まえた上でも優先度の高い部分です。

面倒な言い回しをしていますが、Cセグメントのインプレッサから、ひと回り小さいBセグメントのフィットへ乗り換えて、運転が気持ちよくなったかどうかが肝要です。

小ささに関して運転がし易くなったかというと、まだ慣れていない部分はありますが、それでも結構良い感じです。横幅に関してはそんなに小さくなった感じはしないのですが、縦の長さは駐車場で鼻が出っ張るということは皆無になりました。バックモニタもいい感じで運転が上手くなったような錯覚を引き起こしてくれます。そうそう大きさとは直接は関係ありませんが鼻(フロントノーズ)が短くなったので、路地から大通りに出る時に確認がし易くなりました。

なお、機械式駐車場に入れる時に、ホンダセンシングでしょうか、ぶつかりそうだよとピーピー音とディスプレイで知らせてくれます。どんなに運転を気をつけても鳴ります。いやうるさいです。

機械式駐車場といえば、全高1,550mm以下の制限があるのですが、クロスターだとギリギリです。なんとルーフレールを付けるとオーバーしてしまいます。(カタログだとHonda CONNECT for Gathers + ナビ装着用スペシャルパッケージを装着すると全高1,570mmになる表記が昔ありましたが、クロスターの場合はルーフレールを付けなければ1,545mmです。)

「最先端がいい」というのは、燃費が良いとか、便利な機能がある、というところです。

燃費についてはまだわかりませんが、エアコンをつけながら埼玉の街中を走って、20km/lは出ていると思われます。自分的には25km/lはいくんじゃないと思っているので、実績を積んだ上で評価ですね。まだ90km弱くらいしか走っていませんし、ね。

便利機能はたくさんあります。

どの機能が最先端かは定かではありませんが、前のクルマにはなかった電動パーキングブレーキによるオートブレーキフォールドは信号待ちでブレーキを踏みっぱなしにしなくても良いのは確かに便利です。

なかでも、前のクルマに着いていく機能(ACC)は良いです。いったん前のクルマに着いていく設定をすると、信号などで止まった状態からでも、前のクルマが発進したことを音で通知してくれて、ハンドルに着いているボタン一つで再スタートしてくれるのはメッチャ便利ですね。

便利機能のなかでもHonda CONNECTには期待していて、エアコンを外から付けられるのは、便利だったのですが、「Honda リモート操作アプリ」はすぐ落ちるし、ペアリングのやり方は面倒だし、最新の車両情報がリアルタイムで取得できないし、全然気持ちよくありません。クルマ(ハード)はいいけど、ソフトはダメという典型的なやつなのかな。

車選びの大きな要素のひとつ、外見について、も是非聞いて欲しいです。

まず、今回の新型フィット(Fit4)のフロントマスクは正直そこまで自分好みではありません。シンプルでいいなとは思いますが、若干古臭さも感じます。全体で見るとまとまっているデザインだと思いますが、部分部分で見ると在り来たりな感じが否めません。普遍的なデザインだと思えばいいのかもしれませんが。(芝犬をモチーフにしたデザインとのことですが、芝犬好きな自分に刺さらないという。。)

そのなかでは、クロスターは少しだけ冒険している感じがあって、良かったです。下顎が出っ張っているようなフロントグリルのデザインはあまり好みではありませんが、全体的にはカッコよくまとまっていると思います。(自分はクルマデザインにはカッコ良さを求めているのかも)

fit4

ちなみに色は大好きです。サーフブルーというクロスター専用に設定された水色。深みのある白も素晴らしかったのですが、この水色は他のクルマにはない、爽やかな色かと思います。

あと、子供達にも好評だったのがホイール。お花みたいとおしゃって頂けました。

またクロスターというグレードは車高が少しだけ高いので、なんか見晴らしがよくなった気分です。

ということで新しいクルマが納車されて1週間くらい。購入したばかりだし、購入した自分を肯定したいので、盲目的に良い評価な部分もありますが、プラスな評価が多いです。まだ慣れていない部分もあるので、慣れてきた際に新鮮味がなくなりつまらなくなるのか、運転がさらに楽になるのか、どちらでもないのか、また評価してみたいと思います。

正直まだ運転が楽しい、と言いれませんが、今回フィットe:HEVクロスターに変えて、少し遠くへドライブに行きたくなってきました。

新しいクルマということもあり、ドライブレコーダーもつけた方が良いと思うのですが、結構なお値段するんですよね。自分で取り付けるのも前後カメラだと配線が面倒そうですし。

※値引きについては、発売したばかりということで本体からはあまり値引きできないらしく、OPや下取りを含めてトータルで30万。人それぞれの状況があり、かつ価格は絶対額で評価すべきなのであくまで参考値です。

Pocket