フィットe:HEVクロスターに乗ってみて

Pocket

fit4

前回に引き続きクルマ関連をエントリーしたいと思います。

正直、納車されて浮かれ気分で書いていますので、話半分程度に聞いていただくのが良いと思っています。

今回は、クルマに乗ってみた感想です。

ホンダの新しいハイブリッドシステムe:HEVってどうなんでしょう的な事を記事にしたいと思っていますが、いかんせん乗ったことがあるクルマが前車インプレッサくらいなので的確なレビューではない可能性が高い前提で読んでください。

ちなみにe:HEVというのは、ホンダが開発した、以下3つのドライブモードを状況に応じて切り替えながら、効率の良いドライビングを実現する電気モーターとガソリンのハイブリッドシステムです。

  • EVドライブモードは、バッテリーに蓄電された電力でモーター走行するモード
  • ハイブリッドドライブモードは、モーター走行するが、バッテリーに蓄電された電力だけではなく、エンジンの力で発電したエネルギーも利用するモード
  • エンジンドライブモードは、従来のガソリン車と同じくエンジンと車輪を直結し、走行するモード

小難しいのですが、基本的にモーターで走行して、高速道路などのモーター走行だと効率が悪い場合のみエンジンで走るといったシステムです。

まずは、エンジンスタートから。いやエンジンじゃなくてモータースタートか。

これはおおっ静かだなと驚きました。ハイブリッドなので当たり前かもしれませんが、エンジンかかっているんだっけ?と不安になるような静けさです。これはクルマを発進させるときも同様です。モーター走行時は「クゥィィイン」というか「コオォォォォォ」といったなんとも不思議なサウンドがしますが、エンジンが動いていないとほんとに静かなので未来の乗り物感があります。

走行中ですが、思った以上にエンジンが動いています。

コンソールパネルの左側にバッテリー残量が表示されているのですが、今のところほとんど半分以下の充電レベルです。なので結構すぐにガソリンエンジンを使ってバッテリーを充電しに行っていると思われます。もっと充電たっぷりしておいて、と思うのですがきっとバッテリー寿命とか容量とか色々考えての結果なのでしょう。

エンジンが動いているときは音は普通です。なので、静かだなーと感じるシーンは残念ながら少なめでした。あと、エンジンが動いていると、エンジンで駆動しているように感じますが、実際はエンジンドライブモードではなく、ハイブリッドドライブモードであることが多いです。

さて、実際走行してみて感じたことですが、モーターで動作する特徴の一つである「リニアな加速感」についてはそこまで感じませんでした。

当たり前なのかも知れませんが、0km/hから、ちょっとアクセルを踏んだだけでググンっと進むこともないです。つまりパワーが高いということでもなさそうです。そしてペダルを踏みこめばもちろん力強い加速感は多少は得られるのですが、なんか以前の1.5lガソリンのインプレッサに比べて、多少軽快に加速するかなと言った程度です。ガソリン車と同じくエンジン音が高鳴ってから加速すると言った感じで、0km/hからのスタートに関してはモーターであるがゆえのスムースさがあまり感じられませんでした。家族4人で乗っていたからかも知れませんし、個人の感覚ではありますが、わざとガソリン車に近づけているのでしょうか。エンジン音の高鳴りとか自分にとってはいらないのですが。

一方で、30km/hくらいからの加速はスムースです。いつの間にか60km/hになっている、と言った感じで静かで滑らかな加速です。特にEVドライブモードの時は瞬間燃費も25km/l〜50km/lの間というすごくいい感じの数値(グラフ表示)を叩きだすので、運転していて気持ちがいいです。次は高速道路にて、100km/hの世界を体験してみたいですし、エンジン直結のエンジンドライブモードもきっとまだ体験していないので楽しみです。

一応、蛇足かも知れませんが、ACCを利用した際の追従性はすごいのです。前のクルマについていくモードなのですが、前のクルマがかなりの加速で発進した場合はそれについていってしまうのです。自分のアクセルワークでは出せないような加速なので、本来のe:HEVの実力を垣間見た気がします。

次に燃費です。

普段の家族4人での買い物の足として利用しているので、近所のスーパーなど、ストップとスタートを短時間で繰り返すような場所でしか乗っていないので、100km走って平均燃費は20.8km/lくらいだったと思います。エアコンも多用しておりますし、週末ドライバーで運転が上手ではない自分がエコを意識せずに乗ってこの値なので、全然悪くないと考えてほうが妥当です。

むしろ今までのインプレッサに比べると倍くらい燃費がいいので、素晴らしく感じてしまいます。

ただ、わざと遠回りして流れの良い国道を走ったりもしましたが、瞬間燃費は良かったりもするので、まだまだ伸び代はありそうだと感じています。気分的には25km/lはいって欲しいし、いけると信じています。

走りには直接関係のない話かも知れませんが、クロスターという車高が少し高い車種になったことにより、乗り心地も変化しました。

良いところでは見晴らしが良くなったのと、クッション性というのでしょうか小さな段差に強くなりました。悪いところでは多分横揺れに弱くなった感じです。コンパクトななんちゃってSUVとしての乗り心地なのでしょう。

最後に、直進安定性も高いです。というか前のクルマがダメだっただけかも知れませんが、横からの強風以外では良い感じに安定してまっすぐ走ってくれて安心です。素直にまっすぐ走り、スッと曲がるって当たり前なんだけどコンパクトカーだからか余計に自分のハンドルさばきがダイレクトに伝わる感じが気持ちいいです。

ということで、あんまりレビューにはなっていない雑多なコメントばかりになってしまいましたが、新しいフィット、今のところ運転楽しいです!

Pocket