フィット e:HEVのソフト面

Pocket

出雲大社埼玉分院

今回フィットの、車そのものではなく、ソフトウェア関連の話です。

Hondaリモート操作がとても便利で気に入っています。

リモート操作

真夏の炎天下に、クルマをスーパーの青空駐車場に10-20分停めただけでも、クルマがサウナ状態になるのは周知の事実です。

もちろん、車用サンシェードを活用しています。でもそれだけじゃあ日本のギラギラ太陽の力は防げないのです。

で、「リモート操作」です。車に乗る前にエアコンをオンにする事でこのサウナ状態をかなり緩和できます。

これがかなり便利なのですが、難点もございます。

  1. 有料サービスである事(550円/月)
  2. アプリのレスポンスが悪い事

正直有料なのは仕方がないとは思います。でも基本パック550円/月の中に「リモート操作」や「緊急サポート系サービス」が入っているのですが、正直リモート操作だけを安く選ばせて欲しいものです。ちなみに1年間は無料期間なのですが、その後は夏場や冬場だけ契約しようかなと思っている次第です。

またアプリのレスポンスが悪い点は、iOS版だけかもしれませんが結構イライラします。車に乗る5分くらい前にエアコンをオンにしたいのに、起動からエアコンオンまでに20-30秒と時間がかかるのでタイミングを逃すとまだサウナ状態な車のままという状況に陥ります。まあ以前のアプリバージョンでは、起動すら失敗して操作できないという状態だったりもしましたので、それに比べれば速くはなったとはいえます。

リモート操作がもう少し簡単に使えると嬉しいのですが。それこそApple WatchやヘイSiriからエアコン起動できるようにしてもらうとか、IFTTTと連携してトリガーを仕込めるようにしてもらうとか。有料だからこその継続的なバージョンアップを期待しています。

また難点とまでは言えませんし、しょうがないとは思いますが、リモートでエアコンをつけると外部からでもエンジン音がうるさいですね。ハイブリット車なんだっけ?と思ってしまいます。でも、車に乗り込んだ時にひんやりしていると、上記の難点を全て吹っ飛ばす快適さがあります。

そうそう、Honda Total care アプリについても少し触れておきます。以前から高速道路での燃費を知りたいと思っていましたが、ドライブノートで確認できました。

フィット e:HEV クロスターで高速道路を走る

正確にはエンジンかけてから、落とすまでの燃費なんでしょうけど、距離が伸びると燃費も上がりますね。エアコンをかけながらの運転燃費としては良い感じですね。

ドライブノート

Honda Total care アプリは、給油の記録も残せるので、ログマニアにはもってこいでしょう。ガソリン給油口を開いた時と連動しているのか、アプリプッシュで通知しれくれるのもよかったです。

という事で、フィット(というかHonda)のソフト面も結構悪くないなという感じです。今後もハードだけじゃなくてこういった面も力を入れて行ってくれると車を通しての体験がかなり向上すると思います。

しっかし、Hondaに関わらず、トラディショナルな企業はUIがお堅いですよね。直感的でもなく心地いいというレベルには達していないような。便利なんだけど感動はない、って感じですかね。

Pocket