ワイズロード志木店の店員さんが書いたアツいロードバイク本

Pocket

あまりロードバイクに乗れていないので、せめて読書だけでもロードバイクの本を。

アラフォーからのロードバイク 初心者以上マニア未満の自転車講座を読んで

ロードバイクに乗っていない人に読んでもらいたい本だと思った。

※乗っていないというのは、乗った事が無い人だけじゃなくて、自分のようにロードバイクを持っているけど、なかなか乗れていない人も含む。

志木のワイズロードは自宅から一番近いスポーツ自転車屋さんということで、ロードバイクの現物を見に行ったり、パーツの換装(SHIMANO 105)をお願いしたりして、ちょこちょこお世話になっている。

そのワイズロード志木店では、ブログもやっていて、商品のレポートやサービスの紹介やら、楽しく購読している。

このブログは何人かの店員さんで記事を更新しているのだが、その中でも独特の文体で、アツくロードバイクを語っている店員さんがいる。

その人がこの本の著者、野澤さんだ。

実際にお店に行けば、ああこの人か、と会うこともできる。

ちなみに自分は、野澤さんとは関わったことはなく、お店自体も年に1回利用するくらいで、練習会とかもいったことはない。(シャイなんで)

それでもとても親近感が沸いて、本を購入しちゃいました。

読み終わった後に、タイトルに少し違和感を感じた。悪い意味じゃなくて。

「アラフォー」となっているが、全然アラフォー以外の人が読んでも、違和感ない内容。

アラフォーって40歳前後って意味だろうけど、読者層として45歳以上をターゲットにしている販売戦略っぽい。

でも自転車の未経験者から初心者まで、幅広い年代へのメッセージが書いてあった気がする。

ってことで別にアラフォーってタイトルつけなくてもよかったんじゃないかな。自分なんかは買うときに少し躊躇しちゃったもん。まだアラフォーじゃないからなって。

本書を通してのメッセージは「仲間と一緒に自転車に乗るのは楽しいぞ。」

だからこそ、自分に合わない自転車を買うと快適に乗れずに後悔したり、買っただけで放置されたりするのは、もったいないと説く。

自分的には一人走るのがお気軽で好きなんだけど、レベルが一緒の仲間がいればみんなで乗りたいなと思いました。

近所にそんな仲間ができたら、もっと自転車に対するモチベーションがあがるんだろうなと思います。

そんな仲間探しのためにか、ワイズロード志木店では、ソフトサービスにチカラを入れているとのこと。講習会とかそういったことを頻繁にやっているのはブログで紹介しているので、そのことを言っているのだろう。

ソフトサービスとは

お客様のスポーツサイクルに関するあらゆる悩みや疑問を解決し、より充実したバイクライフを送っていただくために、様々な角度から親切丁寧なサポート/サービスを提供しております。

  • バイオレーサー(バイクフィッティングシステム)
  • Y`sTECHサービス( スポーツ自転車のメインテナンス・チューンナップ)
  • WAXOYLスーパーシーラントサービス
  • スクール/講習会セミナー
  • 試乗車/レンタルサービス
  • 中古車買取り・販売

ただ、シャイな自分としてはこのお店で自転車を購入しないと、お店のイベントには参加できなそうな感じ。

ちょうどフレーム(もしくは完成車自体)を換えたいと思っているところなので、青い自転車に乗りたいんですけど、って相談してみようかな。

この著者がいるお店で自転車を買いたくなる素敵な本でした。でもこの著者のアツさ、好き嫌いが分かれるところかも。

Pocket