AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRは便利なズーム

Pocket

昨日のエントリーの続き。D610を購入する際に迷ったのがレンズ。せっかくのフルサイズだし広角レンズが欲しい。

2013年12月末時点でキットレンズとして存在しているのは

  • AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
  • AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

この2つのレンズ。ボディだけを購入するという選択肢もあるけれど、標準域をカバーした画角範囲は必須なので、そう考えるとお得に買えるキットレンズを逃すわけにはいかない。

今回は望遠側も欲しかったのと、約10.7倍の画角をカバーする高倍率な便利ズームを体験してみたかったので、28-300mmを選択。このレンズは約800gとなかなかに重たい気もするけど、D610を持ち出すときはそれなりの覚悟も持っていくので大丈夫だ。今後、娘の運動会でも使えるだろうし。

実際使ってみたところ、それなりに重たいなあというのが正直なところ。画質についてはまだなんともいえないが、普通に小気味よく動作してくれるし、素直に写してくれる感じ。

AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

まずは外観から。収納する際、一番広角側の28mmにしたときが一番コンパクトになっている。これって当たり前のようでそうでもないレンズが多いので地味に嬉しい。そしてロック機構もついているので、レンズの重さで勝手に伸びたりしないのも安心だ。

28mm

次は最大望遠の300mm。さすがになかなか長い。28mm時の約2倍くらいになっている。ちなみにレンズの写真は60mm Microで撮影。

300mm

そしてAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRの写り。まずは28mm側。なんの変哲もない曇り空です。

28mm

その写真の真ん中下の鉄塔を300mmで捉えたのが下の写真。さすが10.7倍ズーム。レンズ交換なしでこの画角範囲は便利すぎる。ボケもなかなか。

300mm

ということで、このキットレンズ、なかなか重たいけど超便利です。今後の子供のイベントでもこの画角範囲はとても役立ちそうな予感。300mmまで必要ない人はこのレンズを買うのはオススメしないけど、いろんな画角を試したい人のは超オススメです。

ちなみに次は広角レンズとして18-35mmを狙っています。けど、購入はまだまだまだ先かなぁ。

Pocket