やっとNikon D610を購入しました

Pocket

Nikonのデジタル一眼レフカメラD60をずっと使ってきたけど、最近出番が減ってきた。併用しているNikon 1 V1で充分満足しているというか、入門機のD60に何か物足りなさを感じていて、そろそろD60から次のSTEPに進んでもいい頃ではと思っていた。

そこで目を付けていたのがD600。次のSTEPといえばフルサイズ(Nikon的には”FXフォーマット”)への移行。しかも型番的にもD60からD600に買い替えなんて、なんか10倍パワーアップしたみたいで素敵じゃないですか。

でもお値段がなかなかにお高い。しかもフルサイズに移行するとなると、レンズ資産もあまり活用できない。手持ちのレンズだと”AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G”くらいしかFXフォーマットに対応していない。

なんて二の足を踏んでいたら、D610が発売されてしまった。でも機能はD600とほとんど変わっていない。「ダスト問題を解決するため」と「値崩れを防ぐため」の新製品発売だと勘ぐってしまう。そして少し安いD600を買うか、安心のD610を買うかまた新しい悩みが増えた。

価格.comを毎日訪問するのと、悩むのに疲れてしまったのと、彼女から買っちゃえばいいじゃんという素敵なお言葉を頂いたため、購入に踏み切ることに。去年のD600の価格推移から1月下旬に向けて少しずつ値段が下がりそうな傾向もあるんだけど、買うと決めたら待ちきれず2013年大晦日にビックカメラにてD610を購入してきました。高い買い物するからには安心のD610を選択。

ヤマダ電機とぶつけて価格交渉もしてみたけど、期待していたよりも下がらなかった。ポイント込で価格.comをやっと下回った程度。でも早く弄りたいし、早々に交渉を打ち切って購入決定してしまいました。これで自分も一端のアマチュアカメラマンへ仲間入り出来るハズ!

D60_D610

D610はフルサイズ機にしてはコンパクトと言われているけど、D60に比べるとやっぱり大きくて重い。レンズは28-300mmの便利ズームのキットレンズです。

Nikon1V1_D610

V1に比べると余計に存在感がある。D60は譲渡先が決まっているので、当面この2台体制で生きます。

さ、フルサイズ機の実力はいかがでしょうか。

早速D610で撮影してみた

初日の出2014「初日の出」

赤ちゃん「寝起きの赤ちゃん」

氷川神社「氷川神社の混雑」

なんかいままでとほとんど変わらない構図で、カメラマンの成長がみられませんが、フルサイズの特徴の一つでもあるボケが綺麗に出ているような気もします。

画質とか解像度とかを語れるほどの知識はありませんが、なかなかにそれっぽい写真を撮る事ができます。あと写真を撮っているという感覚を久々に感じました。適当に数打ちゃ当たる作戦じゃなくて、しっかり考えて撮らないといけないような気がしています。

まだまだカメラに慣れていませんが、とりあえずフルサイズ機に負けない腕を磨いていきたいと思います。便利ズーム万歳。

ということで2014年もよろしくお願いします。

Pocket