ネットで洋服を買うという事

Pocket

 

Gramicci

若い頃に比べて、洋服を買う機会が減ってきていると思います。

理由としては、洋服より別の物にお金をかけたいということなのですが、ずっと買わないでいられるわけでもございません。

さすがに長年着ているTシャツがへたってきたなあということで、今回購入するに至ったのですが、どうせ購入するならそれなりのものが欲しくなってきます。

それなりといっても、海外デザイナーブランドなどの高級品はそんなに欲しくはありません。ただ、夏のセール価格で5,6千円もだせば、かなり質のよいTシャツが手に入るのでは、と目論んでいました。マーガレットハウエル的なお店で。

でも、洋服をあんまり買わなくなって幾年か、グリーンレベール以外に知っているお店は少ないし、何をもってそれなりに良いと判断すればいいのか、わかりません。買い慣れていないってなんか恥ずかしいのだよね、自意識過剰なだけなんだけど。

そんな折に友人から教わったのが、Bonzaipaint(バンザイペイント)というブランド。マウンテンバイクのレーズ会場から生まれたブランドらしく、自転車好きの間では知っている人が多いみたい。

ちょっと風刺が効いているメッセージがプリントされているのが特徴のこのブランド、右側の袖口の小さなロゴ(タグ)がかっこいいなと気に入ってしまいました。ということで、どこで買えるのか調べてみたのですが、案外取り扱っている店が少ないようです。このブランドは今年で活動を休止するとかしないとかのうわさもあったりして、昔は取り扱っていたけど、今はないみたいな店もあるようです。

オンラインではいくつか取り扱っている店を見つけたので、仕方なくネット通販をすることにしました。色味とか着た感じとかネットではわからないため、洋服はリアル店舗で買う派だったんだけど。

ネットで買う以上は、いつも以上にサイズに気をつけようと、肩幅とか身幅とか着丈とか袖丈とかをきちんと測った。測ったと言っても自分の身体を測ったのではなく、自分が持っているTシャツのなかで、1番自分にぴったりサイズのもののサイズを測って、それとネット表示のサイズと比較しました。

このサイズ測定方法は結構成功して、普段はMかLしか眼中にない自分でしたが、バンザイペイントの場合はSサイズでピッタリでした。(洗濯して縮むのが怖いですが)

お店で買うよりも、案外良かったかもしれません。お店だとジャストサイズじゃなくてもゆったり目で着た方がいいですよとかアドバイスされると、その場の雰囲気で、そうかもしれないと流されてしまう自分がいるので。

サイズだけでなく、ネットではセール価格(3千円ちょっと)で買えたのも、良かったです。

ついでに、ショーツも新調しちゃいました。前々から狙っていたGramicci(グラミチ)のニューナロー(NN)ショーツもネットで購入。このショーツは定番のGRAMICCI SHORTSをスッキリした細身なシルエットに改良したものになります。こちらはリアル店舗ではサイズが売り切れていたために、泣く泣くオンラインショップを使いましたが、ネットのほうが安かったのでラッキーでした。でもさすがにパンツのサイズについてはネットだけで購入するのは冒険な気がします。

このNNショーツ、ちょっと厚手ではありますが、ストレッチが効いていてピッタリサイズのくせにとても動きやすいのです。夏場などは動きにくいだけでも暑苦しく感じるので、とても助かります。

Tシャツでネット通販の成功体験をしたので、今まで敬遠してたくせにどんどん次のものを買うという、典型的な騙されやすい人っぽい行動となっていますが、リアル店舗以上にサイズに気を使って購入することで、ジャストサイズが得られる洋服のネット通販、ありだと思います。

Pocket