iPhone6sのケースをSpigenにしてみた

Pocket

spigen

今まではiPhoneケースといえば、パワーサポート一択だったけど、最近Amazonの検索上位にヒットするSpigenというメーカーのケースが、そこそこの評価とそこそこの値段だったので、試しに購入してみました。

まずは彼女用に「iPhone 6s Case Thin Fit Crystal clear」を購入。ごく普通の透明なハードケースですが、思ったよりも薄くて、きちんとiPhone6sにフィットします。ボタンやLightningポートにアクセスしやすいように設計されているのも好印象です。韓国製とのことですが精度はかなり高いと思いました。iPhone6s対応と明記されているのも安心ですね。パワーサポートに比べて少し安いのも良いです。

上記写真のゴールドに装着しているのが、Thin Fit(シン フィット)になります。クリスタルクリアを購入したので、iPhoneのそのままの色を楽しむことができます。

spigen

なかなか良い買い物だったので、自分用にも購入することに。

自分は元々Apple純正の革ケースを着けているのですが、ランニングの時にiPhoneを持っていくと革ケースに汗が染み込んで臭くなるのと、革ケースをすると結構大きく重くなってしまうので、薄いケースが欲しかったのです。

購入したのは、同じくSpigenの「iPhone 6S Case Air Skin Soft Clear」です。薄さ0.4mmというケースというよりもシールに近い感覚が売りのケースです。その薄さゆえ、おそらく耐久性はほとんど期待できないと思いますが、通常使用範囲内での細かい傷からは守れると思います。シールより簡単に装着できるし、シールよりは頑丈だし、通常ケースより軽いし、ほとんど何も着けていない感覚で扱えるので自分の用途にはぴったりです。

今回の色は、スモークがかったような透明色。透明度はかなり低いです。Amazonから届いて開封した時に、あれ?クリアって書いてあるのに透明じゃないだと思ってしまいました。触り心地も少しザラザラしている感じもします。滑りにくくて良いですが。色といい、薄さといい、単体ではかなり安っぽい感じがするのですが、iPhone6sに装着すると、抜群の一体感でかなりいい感じになります。フィット感はThin Fitよりも上です。

写真ではシルバーのiPhoneに装着しているのが、Air Skin(エアー スキン)です。一番嬉しかったのは、カメラの突起部分だけ0.4mmの薄さではなくて、少し盛り上がっていることでレンズを保護してくれているとことです。こうした工夫が素晴らしいですね。

ということで、Spigenの2製品とも、なかなか良かったのでおすすめです。ただし不満点もあって、ケースにSpigenというロゴが書いてあるのは頂けません。それこそ、ステッカーやシールでも張ってしまおうかな。

Pocket