超小型軽量のBluetoothイヤホン、TT-BH07を購入

Pocket

TT-BH07

EARINとかdotとか完全ケーブルレスな耳栓型のイヤホンが流行りそうな気配ですが、値段がまだまだ高くて手が出ないのが現状です。

そこでお小遣いの範囲中で買える3,000円前後でBluetoothなイヤホンを探してみたところ、完全ケーブルレスではないものの、なかなか良さげなモノを見つけたので報告します。

TaoTronicsのTT-BH07というイヤホンなのですが、Amazonでベストセラー1位にもなっている商品です。TaoTronicsというメーカーは全く知らなかったのですが、最近はメーカーブランドにそこまで価値があるわけでもないし、口コミが良かったりや売れ筋だったりする方が、安心感があるような気がします。さらに、TT-BH06という前モデルも存在していて、それなりに評価の高いモデルの継続モデルはハズレがないと踏んでいます。

早速購入し、iPhone6sとペアリングして利用してみたのですが、非常に軽いです。イヤホンピースの左右をつなぐケーブルは存在していますが、装着するとケーブルの重さはほとんど気になりません。ケーブル自体が軽いというのもありますが、洋服がケーブルを支えてしまうので、ケーブルの重さはほぼ感じなくなるのです。

またイヤーフックというものを初めて体験したのですが、思ったより柔らかくて不快感がないし、イヤホンがズレにくくなるのでこれは良いものですね。イヤーフックのおかげか耳でイヤホンを支えるのも全く苦になりません。イヤホン自体が有線のものと同じくらい小型軽量なので当たり前かもしれませんが。

操作は、ケーブルの途中にマイク付きコントローラーがあるので、そこから行います。説明書を読まなくてもなんとなく使えてしまう操作感です。このコントローラー部分に充電用のマイクロUSBの差し込み口があります。モバイルバッテリー等で充電できるのも便利ですね。

ただ、このコントローラー部分にマイクがついているので、電話をする際はコントローラーの位置に気をつけましょう。コートの襟等に引っかかってコントローラーが後ろのほうにいっていると、自分の声を拾ってくれません。

以前はSBH20というSONYのワイヤレスステレオヘッドセットを使っていたので、その本体というかボックス部分が無くなったのは大きな進化です。肝心な音質については、語れるほどの耳を持っていませんがTT-BH07もSBH20もどちらも悪くありません。

と、かなり気に入っているのですが、気になる部分も。

TT-BH07を1時間くらい運用してみたのですが、2回ほど音飛びのようなラジオの混線のようなノイズが入りました。本体側もiPhone6s側もバッテリーは充分残っていた状態でしたし、本体とiPhoneを遠ざけたわけでもありません。今の所どんな条件で音飛びをするのかわからないのが気持ち悪いのですが、もう少し様子を見てみたいと思います。最近SBH20を使っていなかったけどBluetoothってそんなものだったっけな。

後、TT-BH07の特徴でもあるのが左右のイヤホンにマグネットが仕込んであることで、イヤホンを外した際にくっつけて置けるのはなかなか便利なのですが、マグネットが思ったよりも弱いので簡単に外れてしまいます。おまけくらいに思っていた方が良いかもしれません。

ちなみに、この完成度でこの値段を考えると、相当コストパフォーマンスが良いと感じます。耐久性はまだ未知数ですが、壊れた頃には完全ケーブルレスのイヤホンも安くなってくれさえいれば、きっと問題ありません。

Pocket