メッシュなWi-Fi6アクセスポイント(Deco X20)

Pocket

Deco X20

テレワークで自宅でのオンライン会議、増えていますよね。

調子がいい時は問題ないのですが、時々音声や画像映像が不安定になることがあったりします。

PCやタブレットなどデバイス側の問題も考えられますが、時々といった場合は通信が原因である可能性が低くありません。

そして自分でできる通信環境の見直しといえば、光回線導入ですが、次いでWi-Fiルーターの交換です。

我が家の場合、光回線はすでにマンション一括で導入済みで、Wi-Fiルータのルーティング機能も厳密には不要です。つまりアクセスポイントとしての機能さえあれば良いので、ブリッジモードで利用しています。ルータモードでもブリッジモードでも接続先の機器はWi-Fiアクセスポイントと呼ぶようです。

このWi-Fiアクセスポイント、最近調子が悪いんですよね。接続しているはずなのにネットに繋がらない状態になっていたります。

Wi-Fiアクセスポイントの特徴として、以下がございます。

  • Wi-Fiアクセスポイントにたくさん機器(iPhoneなどのデバイス)をつなぐと、Wi-Fiアクセスポイントに負担がかかって接続が不安定になる
  • Wi-Fiアクセスポイントと接続機器の距離が離れると接続が不安定になる

つまり1台のアクセスポイントしかないと、接続が集中して暴走し通信が固まってしまうし、設置場所から遠いところは電波が弱く通信できないという問題がございます。

これはなんとなく理解していたつもりで、自分の家はそれなりにデバイスの数が多いので、接続が分散されるように、そしてカバー範囲を広がるために2つのアクセスポイントを利用していました。古いアクセスポイントも捨てずに併用して使っていたのです。

しかし、複数のアクセスポイントを切り替えながら使うのは実はよくないらしいのです。

ローミング技術で、2台のWi-FiアクセスポイントのSSIDと暗号キーを同じにすることで、スムーズな切り替えができるらしいと聞いていましたが、我が家はどのアクセスポイントに繋がっているか確認したいので別々のSSIDを使っていました。(単に面倒だったともいう)

デバイス側で複数のWi-Fiアクセスポイント(接続先)が設定されていると、登録されているWi-Fi接続先の受信感度が増減するたび良好な接続先へ切り替えが行われ、接続先が切り替わる頻度によっては通信が不安定となる場合がある、とのことです。

つまり同じエリアに複数のWi-Fiが存在しているとどっちに接続すべきか迷ってしまって不安定になるようです。加えてチャンネルが重なると混線にも似た状況になり、これまた不安定になるようです。

ということで、だいぶWi-Fiアクセスポイントの古くなってきて調子が悪いことですし、接続数やエリア、さらには切り替え負荷軽減のために、Wi-Fiをメッシュ化することにしました。在宅ワークの環境改善を言い訳に色々投資ができて楽しいですね。

そして、どうせ買うなら長く使いたいので、現時点での最新規格のWi-Fi6に対応していてもらいたいものです。Wi-Fi6でかつメッシュ機能対応のアクセスポイント。まだ種類が少なく結構高いのですね。

そんな中で比較的安いものを見つけました。

TP-LinkのDeco X20です。TP-Linkって中国メーカーなんですよね。通信機器に中国製品を使うなんて某大統領に怒られそうですし、実際バックドアとかしこまれていたりとか通信を傍受されていたりしたら大変ですが、過去には色々と怪しい感じもあったような噂もありますが今のところ問題ないと自分は判断します。

安いのは確かですが、安いからって通信を盗まれてしまったら最悪ですものね。皆様も購入の際には「TP-Link 怪しい」などでググった上でのご判断をお願いします。

ちなみにコスパは確かに高いのですが、トライバンドではなくデュアルバンドだったり、若干フラッグシップ機に比べると機能は劣るし、設定できる項目も少なそうです。が、最大接続台数150台というのは凄いですね。

さて、自分が購入したDeco X20は初めからメッシュネットワークを組むために2台セットになっております。どちらかが親、みたいな設定は要らないのですが、どちらかだけにLANケーブルを挿せばメッシュネットワークが構築できることになります。なんかLANケーブルを挿している方に負荷が集中しそうですが、メッシュの場合そんなこともないとのことでございます。(理由は聞かないでね)

iPhoneにアプリをインストールして、あとはアプリの指示に従っていれば、問題なく設定できました。1台目は寝室、2台目はリビングに設置し、マンションの部屋全体に満遍なく電波が届く構成にしました。うん簡単ですね。そしてデバイス側も新しいWi-Fiアクセスポイントの情報を登録して、さらに古いWi-Fiアクセスポイントの情報を削除して、環境構築完了です。

1週間以上使ってみましたが、今のところ特に不具合もなく、むしろビデオ会議も途切れることもなかったです。いい感じ。

最後に、我が家のWi-Fi6対応機器は、彼女のiPhone11だけでした。

自分が購入した時はAmazonよりヨドバシカメラの方が安かったです。

Pocket