CW-Xを修理に出す

Pocket

CW-X repair

愛用しているCW-XのSTABILYXモデル。長く使っていますが、着圧が衰えることなく履くときに力(もしくはコツ)が要ります。

自分が爪を伸ばしていたのが悪いのですが、履くときに爪を引っかけたまま強くCW-Xの生地を引っ張ってしまい、穴を開けてしまいました。いや油断していました。普段からそこまで気を使っていたわけでもないので、決して生地が弱いわけではないのですが、レース前で焦っていたのか思い切り力をかけてしまったのです。

そんなに大きな穴ではなかったのですが、とっても気になってしまいます。見た目も悪いし、機能的にはそこまで関係ないかもしれないけど万が一サポート力が弱まってしまっていたら嫌だし。新しいのを買ってしまおうかなと思ったのですが、そうだワコールは無料で修理をやってくれているんだと思い出して修理に出すことにしました。

まずはワコールのお客様窓口へ相談です。自分はメール入力フォームから、破れてしまったけど修理可能かと問い合わせました。以下の条件に当てはまらなければ修理可能とのことで、商品送付先の住所を教えてもらいます。

  • トップスやアウター、スムーヴィー、スタイルフリーの修理
  • 素材に傷み(薄くなる、伸びや戻りが悪くなるなど)が見受けられるもの
  • 機能ラインの縫製(ステッチ)部分にかかっている、あるいは、そのステッチ部から5mm以内にある破れ(上生地のみなら修理可)
  • 穴があいて素材の欠損が見受けられるもの ※同じ箇所の2回目以降の修理 ※修理することでサイズが変更してしまうもの
  • 海外ネーム商品(USAモデルで日本語の法定品質表示ラベルがない商品)
  • ネームカット商品(当方にて性能が保証できないため)
  • 修理不可の箇所がある場合、同商品の他の箇所の修理もお受けできません。

また修理は無料ですが、往復の送料は自分持ちになります。

自分は送付時に、レターパックライト(360円)で送りました。修理後のワコールからの配送料は、全国一律381円(手数料21円を含む)で、ポスパケットというので送られてきます。いわゆる着払いですので、受け取る際に郵便局の人に381円をお支払いします。 

ちなみに修理には2〜3週間かかるとのことでしたが、自分の場合は1週間くらいで返ってきました。

CW-X repair

修理の跡は、写真で見ると激しい感じもしますが、遠くから見たらほとんどわかりません。逆にこれなら再発しないだろうという感じに強化されています。これでまた気持ちよく走れます。もちろん走っている時に気になるようなこともございませんでした。ありがとうワコール。

CW-X

ワコールの対応がすっかり気にいったので、CW-X パーツシリーズの「ふくらはぎ用プレミアム」と「ショートソックス」を追加購入しました。ふくらはぎ用はいわゆるゲイターですね。

CW-XのショートソックスはCW-Xのロングタイツと合わせると足首が外気にさらされなくなります。これ、地味に便利。普通のスポーツ用ソックスだとちょっと短いので、足首が寒かったんですよね。

ふくらはぎ用プレミアムのメンズは自分(174cm/63kgでMサイズ購入)にとって少し丈が長かったようです。と思ったら自分だけでなく結構丈が長いというレビューが散見され、対策としてはレディーズモデルを買うと良かったみたい。

まあ普段はCW-Xのロングタイツを履き、暑い夏のトレランくらいしか出番がなさそうなので、そんなに気にしていません。(なんで買ったんだと言われると、ちょっと興味があったとしか言えません)

それにしても今回のCW-Xをはじめ、Raphaといい、アークテリクスといい、素敵なブランドはサポート体制も充実していて、余計に好きになりますね。

Pocket