メリノウールのベースレイヤーは素晴らしいのか

Pocket

Rapha MERINO BASE LAYER - SLEEVELESS

自分はお腹を壊しやすいので、下着は必須装備の一つです。

ランニングやロードバイクの時は、汗でびっしょりになるので下着(特に綿100%のもの)は避けていたのですが、専用のベースレイヤーを使えば、吸汗、保温、さらには調温も可能だというのです。

ロードバイク用のポリエステル製ベースレイヤーは持っていたのですが、確かに汗抜けは良いし、お腹が痛くなりにくいし、悪くはありませんでした。でもメッシュ素材のそれは、ゴワゴワしていて気持ちの良いものではありませんでした。さらには汗臭さ全開です。

最近のベースレイヤーには、メリノウールと言って、吸汗の他に抗菌/防臭効果がある素材があります。メリノウールは着心地も柔らかく、肌がかゆくなることもないとのことです。

しかし、ちょっとお高い。たかがベースレイヤー(下着)に何千円もかけるのは抵抗があります。でも、肌に触れる一番大事な部分でもあったりもします。

そんな時にロードバイク用のブランドRaphaでメリノウールのベースレイヤーがセールになっていたので、飛びつくように購入しました。セールになっていても、Raphaの場合はそれなりのお値段がするのですが。

購入したのはMERINO BASE LAYER – SLEEVELESSのブラック。サイズは、ジャージよりワンサイズ落とすとのことで、Sサイズを購入。174cm/63kgではちょうど良い感じでした。

ただ、メリノウールの実物を触ってみて、正直微妙だったかも、と思いました。すぐ毛玉になりそうなウールだったし、速乾性があるといいつつ水分を吸ったらべったりと肌にくっつきそうな素材です。触った感じも超柔らかいというわけでもないので、着ていて気持ちいいとも言えませんでした。

実際のところ、汗抜けがいいとは思えませんでした。さすがに綿100%とは比較になりませんが、ランニング等で激しく汗をかくとベースレイヤーが肌に張り付くのを感じます。

でもいつの間にか、着ているのを忘れてしまうようになります。肌とベースレイヤーが一体化したような、と言ったら大袈裟なのですが、汗の重さを感じなくなり、どんどん汗が逃げていくような気がします。

適度に伸縮性もあり、体にフィットするので、動きやすさは抜群です。冬に着たわけではないのですが、適度に保温性もありそうです。調温は正直わかりません。

ただ、運動している時は良いのですが、激しく汗をかいた後の休憩時には、肌に張り付いた素材がすぐに乾くこともなく、何となく冷えてしまうような気もしました。1時間もすれば乾くのかもしれませんがロードやトレラン時の小休憩の間には乾かないと思います。

あと弱そうです。何回か洗濯したらほつれたり、毛玉になりそうです。高級な素材といいつつウールなので、それなりに気を使います。

匂いについてはポリエステルとは比べ物にならないくらい、緩和されます。もちろん汗臭さは完璧には撮れませんが、耐えられないほどではなくなります。

なお当初の目的であったお腹を冷やさないという点では完璧です。お腹が痛くなることはなくなります。まあビブショーツの場合はお腹がガードされているのでもともとお腹壊すことはないのですが。

若干辛口になってしまいましたが、トレランにもロードバイクにも利用でき、お腹を壊すこともなくなったし、匂いも緩和されたので、悪くない買い物だったかと思います。超素晴らしいかと言われると、微妙なのですが。辛口になってしまったのは、値段が高かったから、という気がしなくもないのですが。

ちなみに日本が誇る低価格なアウトドアブランドのモンベルならば、少しは気軽に購入できるかもしれませんが、アウトドア用ってなんとなく激しい運動には向いていないイメージがあるのです。

なお、Raphaのベースレイヤーとは関係ありませんが、GoProでCAFE VIAの入り口を撮影しましたので、良ければみてください。このVIAでのドリンク休憩中に、ベースレイヤーを着ていても冷えをちょっと感じた、というのが速乾性への感想になりました。

Pocket