ZIP IN ZIP SYSTEMってどうなんでしょう

Pocket

奥多摩

THE NORTH FACEの利用者であれば、ジップインジップ(ZIP IN ZIP)という単語を目にしたことがあるでしょう。

アウターウエア(外着)とミドルレイヤー(中間着)をジッパー(ファスナー)で連結させて、2枚の洋服を一体化させるのがZIP IN ZIP SYSTEMになります。

連結させることにより、脱ぎ着が楽になります。例えばミドルレイヤーにフリースをきて、アウターにハードシェルを着る場合は、ZIP IN ZIPで連結している洋服ならば、なんと1回袖を通すだけで、レイヤリングされた暖かい洋服を着ることができるのです!!さらには脱ぐ時だって1回脱ぐだけで中間着まで脱げちゃうんです!!

とまあ、多少の手間が軽減される、ということぐらいがZIP IN ZIPのいいところで、それ以外に連結させることによって、暖かさが増すとか、着心地が軽くなるとかの効果はない模様です。

なので自分はあえてZIP IN ZIP SYSTEM対応しているからノースフェイスを買おう、と思ったことはなかったのですが、前回購入したマウンテンジャケットがたまたまZIP IN ZIP SYSTEM対応だったので、次回ノースフェイス製品を買うときは対応製品を選択肢に入れるか、位の気持ちは湧き上がってきました。

ノースフェイスの定番、マウンテンジャケット

近所のららぽーと富士見に行くときはノースフェイスの専門ショップを冷やかしに行くのが自分のルールですが、ふとフリースを手に取った時に商品名が「ZI Versa Mid Jacket」と書いてあり、もしかしてZIというのはジップインのことかと思って店員さんに聞いてみたところ、その通りでした。これは運命かもしれません。というほどの奇跡ではありませんが、すっかりその(結構暖かい感じの)フリースが気になるようになってしまいました。

しかし例によって174cm/64kgの自分はLサイズとMサイズの中間な人間なので、165〜175cmがM、170-180cmがLなノースフェイス製品はサイズに迷います。どちらのサイズでも着れるという考えもありますが、製品によってLとMで買い分ける必要があるのは面倒です。ZI Versa Mid Jacket(ジップインバーサミッドジャケット)を試着させてもらうとLサイズは裾が長くダブつく感じで、Mサイズは体にぴったりすぎてフリースの下にシャツを着込むとキツくなりそうです。

ジップインジップで連結させようとしているアウターのマウンテンジャケットはMサイズなのでセオリーからすれば、Mサイズなのでしょうけど、フリース自体をアウターとして使うのであればLサイズがいいのではというアドバイスもあり、かなり迷いましたが値段的にはフリースの想定価格よりだいぶ高くて、サイズも自分にぴったりではないので購入は見送りました。

ちなみに店員さんに「マウンテンジャケットがMサイズで、ジップインバーサミッドジャケットがLサイズって組み合わせはZIP IN ZIP SYSTEM的にできますか?」と伺ったところ「まあ、できますよ」とのことでした。

これで一旦フリースを購入したい熱は下がったのですが、アウトレット入間で過去モデルでしたがジップインバーサミッドジャケットが安く売っているのを見てまた欲しくなってきました。Lサイズを試着して思ったよりもダブつかないし、安くなった値段であれば買っても良いのでは、と。しかし過去モデルのカラーが自分にとってはダサく感じたのでやっぱり購入は見送ることにしました。

しかし再度欲しいと思ってしまった熱はなかなか冷めず、ついにインターネットで検索を開始してしまいます。今期モデルは人気があるのかセールの時期でも定価販売、もしくは売り切れのお店が多かったのですが、ネットの片隅で30%引きで自分の好きなカラーであるグラフィットグレーのLサイズが販売されているのが見つかりました。一応Yahoo知恵袋的なところでサイズ違いでもZIP IN ZIPをしているユーザがいることを確認して、ポチッと購入しました。

届いてから早速試着してみましたが、「あれ、やっぱりLサイズは大きすぎるわ」となりました。でもZIP IN ZIPで使うのならばあんまり関係ないかもと連結してみましたが、アウターMでミドルレイヤーLだと、連結できることはできますが、連結するファスナー(レール)の長さが揃わず中途半端ですし、袖の長さも違うので脱ぎ着する時に引っかかる感じがあります。

ということで、非常に残念ですが、返品させていただくことになりました。Mサイズがあれば交換がよかったのですがMは在庫なしとのことでした。ちなみに返品になると送料無料の商品でも返品時の送料はもちろん往路の送料も請求されました。お店にもよると思いますが、こればかりは仕方がありません。

今回の話をまとめると、

  • ZIP IN ZIP SYSTEMは同じサイズを購入しましょう
  • ZIP IN ZIP SYSTEMで連結しなくてもレイヤリングは可能なので、あまり拘らずに自分の気に入った(身体に合った)ミドルレイヤーを買いましょう
  • Amazonに慣れていると送料無料が当たり前に感じますが、一般的にはそうではないことを思い出しましょう
  • ジップインバーサミッドジャケットのグラフィットグレーはかっこいいし暖かいし軽いし、モノ自体は最高ですがサイズ感はきちんと確認しましょう
  • 上記の写真はしぶんぎ座流星群を撮りに行った時のものですが、月が満月に近く明るい時は星景写真は諦めましょう

以上になります。

Pocket