ナルーマスクでランニング

Pocket

ナルーマスク

花粉が飛び交う季節、お外でのランニングをするのが怖いという人が多いのではないでしょうか。

自分もそうです。せっかく暖かくなってきて、桜舞い散る小径を爽やかに走れる季節なのに。

花粉症の人は、目と鼻と口から侵入してこようとする花粉をなんとかガードしなければなりません。

一番の対策はお外に出ないことですが、そうは言ってられないので、マスクや花粉用メガネをして外出することになります。

ランニング時には、目に関してはスポーツ用サングラスで結構防げると思うのですが、口と鼻に関しては、ノーガードでした。いやマスクをすればいいのでしょうけど、すごく息苦しいのです。それこそ高地トレーニングみたいになって良いかもしれませんが。

ということで、今回ご紹介するナルーマスクの出番です。

スポーツマスク、という聞きなれないジャンルの商品なのですが、呼吸が重要なスポーツ時でも、息苦しくなく快適に装着できるマスクだそうです。使い捨てではなく、洗うことで何度も再利用することも可能です。

でもこれを装着すると、見た目が非常に怪しくなります。

サイクリストなどは、元々身体にぴったりした全身タイツのようなジャージや、厳ついヘルメットを纏っているので、変なマスクの装備が増えたところでそんなに怪しさは増しません。自分が購入したのもワイズロード志木という自転車屋さんなので、サイクリストには結構知れ渡っているのかも。

しかしランナーでこのマスクは非常に悪目立ちします。ニンジャみたいな顔半分を隠す出で立ちや、外国の方が好みそうな黒いカラー(そう言えばMade in KOREAって書いてあった)。ランナーではこのようなマスクをしている人が居なくて結構恥ずかしかったです。しかし花粉に負けるよりはぜんぜんマシです。

さて、実際にナルーマスクX5sを付けてランニングしました。

顔へのフィット感は快適そのものです。かなり柔らかく、そして伸縮する素材なので、顔が結構大きい人以外は問題ないでしょう。まあフィットしているのでかなり汗をかいてくると、暑苦しくはなりますが。

そして呼吸に関しても、かなり快適です。紙の使い捨てのマスクより相当呼吸しやすいです。もちろんマスクなし状態には敵いませんが、夜寝るときにナルーマスクをしても問題ないレベルです。

ちなみにナルーマスクをして、さらにサングラスもしようと思っていたのですが、サングラスをして鼻呼吸をするとレンズの内側が曇ってしまい、使い物になりません。これはかなりの誤算でしたが、仕方がないので目に関してはアイボンでしっかり洗浄することにしてノーガードとします。口呼吸をすれば曇ることもないのですが、流石にねぇ。

そうそう、イヤホンとも相性が悪いかもしれません。激しい動きでも顔へのフィットを崩さないように、耳掛けのような部分が存在しているのですが、この穴が微妙で、耳の下の部分(耳たぶらへん)は隠れてしまいます。それが耳の形を崩す原因となっていて、イヤホンが耳にハマりにくくなっているように思えます。BOSEの完全ワイヤレスイヤホンを利用している自分としては、イヤホンが耳から外れてしまうことは、イヤホン本体がそのまま転げ落ちることに繋がるので結構何度もイヤホンのポジション調整をしていました。

あとは水を飲んだりとか、ちょっとマスクを外したいときは不便かもしれません。普通のマスクのようにあごマスクをすれば良いのですが、耳掛けが微妙に邪魔でした。外した後に再度装着すると位置がズレてしまっていてなんか変な見た目になっていたことも一応報告しておきます。

なんか、悪い部分ばかりを書いてしまった感もありますが、効果はキチンとあります。花粉はマスクがシャットアウトしてくれているようで、前回マスクなしで走った時のような、くしゃみや鼻水が出ていません。それだけでも買った意味があります。

帰ってきたら、とりあえず石鹸で手洗いして干しておきます。何度も使えるのは嬉しいですが、どのくらいの耐久性があるかはまだ未知数です。

願わくば、耳掛けの改良と鼻呼吸時の曇り防止、見た目の改善をした新製品を発売してくれると助かります。耐久性もあるといいなあ。でもコレ、花粉症の人にとっては最高の商品だと思います。

Pocket