ワイズロードでメンテナンス

Pocket

ロードバイク

春は新しい事を始めたくなる季節。

まあ新年にも同じような事を聞いたような気もするけど。とにかく自分の場合、新しい事というか、昔に手を出したけどいつの間にか遠ざかってしまった趣味ともう一度向き合おうと思える季節なのです。

つまり、もっとロードバイクに乗ろうと思いたったわけです。

最後に乗ったのは去年の夏。ツールド妻有だろうか。半年以上も乗っていないのでロードバイク自体も整備してやらねばなあと思って少し磨いていたところ、色々とガタが来ていることが判明。

  • バーテープがボロボロ
  • ギアがロー(28T)に入らない
  • ギアチェンジがスムーズに行えない
  • ブレーキングに違和感がある

自分でメンテナンスするのは、面倒だし、また失敗するのも嫌だ。せっかく新しい気持ちでロードバイクに取り組もうとしているのだから、ちゃんとお金をかけてプロに診てもらったほうがいいのではないだろうか。そうに違いない。

どうせなら、長い年月きちんとした整備をしていなかったので、オーバーホールかなと思ったのですが、色々調べるとオーバーホールは3万円オーバーの料金がかかるようで、その金額を聞いちゃうとそこまでする必要もないかなと思ったり。

今のマシンであるFUJI ALTAMIRAを購入したショップの、ワイズロードではオーバーホールメニューがいくつか用意されていて、オーバーホールC(セミオーバーホール)という分解や洗浄がないけどブレーキや変速駆動系のワイヤーを交換してくれる比較的安価なプランがあった。洗浄は自分でもやっているからこれにしようとワイズロードへ電話してみました。

ワイズロードは行く前に電話をしておくことが重要です。メカニックさんがいなかったり、オーバーホールだと混んでいるからか時期によっては自転車を預かってくれなかったりします。つまりせっかく自転車を持ち込んでも無駄足になる可能性があるので事前に伺っておくことが必須です。

ということでメカニックがいらっしゃる日にFUJI ALTAMIRAを持ち込んで、オーバーホールCをお願いしようとしたところ、調子の悪いところなどをヒアリングされて、上記のガタが来ている点を話したところ、「それならばオーバーホールまでしなくても、ワイヤー交換だけのピンポイントのメンテナンスで良いと思いますよ、そちらの方が安いし時間かからないですし」と提案を受けました。

安さに弱い自分は、注油とか点検とかは自分でできるからと、ワイヤー交換と、あとはついでにバーテープ交換(別料金)をお願いしました。また、メンテナンス前に軽く状態を診てもらったところ、ディレイラーハンガーが曲がっているとの指摘が。確かに転んだこともあるし、(車だけど)輪行も何回かしているしやっちまったか、ということでそちらも交換(別料金)していただくことに。

ディレイラーハンガーはFUJIに発注する必要があるので、この日はロードバイクを持ち帰ることに。持ち帰る際に出来る範囲でギアチェンジがスムーズになるようにメンテをしてくださりました。入荷連絡は10日くらいかかりました。

入荷連絡後に再度ロードバイクを持ち込み、3時間程度で作業完了するとのことで、預けて一旦自分は帰宅。帰宅後20分後に電話がありびっくりしたけど、バーテープの巻き方を長めにするか短めにするか聞かれただけでした。完了連絡はきっかり3時間後にありました。

さて今回メンテナンスにかかった費用です。

  • フロントブレーキワイヤー交換作業工賃:1,728円
  • リアブレーキワイヤー交換作業工賃:1,728円
  • フロントシフトワイヤー交換作業工賃:1,728円
  • リアシフトワイヤー交換作業工賃:1,728円
  • リアディレイラーエンド交換作業工賃:1,728円
  • バーテープ交換作業工賃:1,728円
  • バーテープ本体(SUPACAZ スーパースティッキークッシュ ギャラクシー):3,888円
  • ブレーキワイヤー(シマノ PTFE ロード用ブレーキケーブルセット):3,111円
  • シフトワイヤー(シマノ オプティスリックシフトケーブルセット):2,231円
  • ALTAMIRA用レアディレイラーハンガー:2,160円

トータル21,758円(税込)です。工賃以外のバーテープとかワイヤーは定価なので高く感じるけど、プロに任せるのでその辺は仕方ありません。

今思えばギアチェンジが不調だったのはディレイラーハンガーが曲がっていたからだとすると、シフトワイヤー交換は不要だったのかもしれません。そうすればもっと値段は抑えられたかも。

早速、彩湖へサイクリングに出かけると、確かに不調は無くなっていました。バーテープ以外見た目は変わっていませんが値段に見合う価値はあったようです。

何よりモチベーションが上がります。この投資のぶん、このロードバイクでたくさん楽しまなくちゃ、と。

スパカズのバーテープも地味に気に入っています。長めに巻いてもらったので、ハンドルバーの3Tのロゴが見えなくなってしまったのは残念ですが、握りやすさは格段にアップしました。Raphaのクッションの薄いグローブでも疲れなそう。何より見た目が良いですし。

でもバーテープくらいだったら、自分でもできるはずだよなと思ったりも。まあ美しく巻いてもらったので、プロに依頼する価値はありましたが。

ワイズロードは(従業員さんにもよるのかも知れませんが)技術力も高く、親身に相談に乗ってくれたのでよかったです。良心的な提案もありがたかったです。自転車預かってくれるともっと良かったのだけど。

なお、久しぶりにロードバイクに乗って、やっぱスピード感が気持ちいいぜーと思っていたのですが、1時間程度で肩が痛くなりました。原因を調べてみたら、ハンドルに体重かけすぎみたいです。自分、結構自転車歴は長いと思っていましたが恥ずかしながら「ハンドルに手は添えるだけ」って認識はありませんでした。でも今年は乗って体幹を鍛えていきたいと思います。

新しい季節、春。ロードバイクは昔の興奮を呼び起こしてくれました。あなたも昔の趣味を復活させてはいかがでしょうか。

Pocket