ランニングウォッチとしてApple Watch Series 5

Pocket

apple watch 5

ランニングウォッチとしてSUUNTO AMBIT2 Rを使い続けて5年。かなりお世話になっております。

とても気に入っていますが、ハートレートモニターのバンドがだんだん伸びてきてしまった感じがします。そもそも胸にバンドを付けるというのは少し窮屈さを感じるし、ランニング後に汗びっしょりになったバンドを洗うのも少し面倒くささを感じていました。

なので、ずっと考えていました。Apple Watchがランニングウォッチの代わりにならないかなあと。

Apple Watchにするからには、今のランニングウォッチでの使い方に加えて、以下の機能を期待します。

  1. 心拍測定がHRバンド無しでも可能となる
  2. iPhoneを持ち歩かなくてもApple Payが利用できる
  3. iPhoneを持ち歩かなくても音楽が聞ける
  4. ランニングの記録がStravaに保存できる
  5. バイブレーションでスプリット(1km走った都度)を教えてくれる

まあ、Apple Watch単体で通信できるようになれば、もっと便利なのでしょうけど、その効果と掛かる費用を比べるとコスパが悪いかなと思います。年に数回しか使わなそうな機能にそこまでコストを掛けられません。

と言うわけで、新しいApple Watchが出たら1番安いGPSモデルを買っちゃおうかなと思っていて、Series5が発表された時はディスプレイの常時表示くらいしか目新しさがないのかと少しがっかりして、予約するのはやめて、でも発売日が近づくとそわそわし始めてきてしまい、発売日の会社帰りにビックカメラ池袋本店に行くと44mmの在庫があったので購入してきてしまいました。つい。つい、とか言いつつちゃんと前日から用意していた商品券を握りしめて。

ちなみに、Apple Watchは量販店ではバンドがほぼ選べないのが非常に残念です。本当はスポーツルーフなるバンドが欲しかったのですが、1番ノーマルな黒のスポーツバンドにしてしまいました。JCBの商品券がApple Storeでも使えたならば良かったのに。でもスポーツバンドは水で洗っても乾かさずにすぐに使えるのは気に入りましたが。

早速ワクワクしながら、過剰包装とも言える化粧箱を開けて使おうとすると、Apple Watch 5(watchOS6)はiOSが13以降じゃないと同期できないみたいで、まずはiOSのアップデートを促されます。これが1時間くらいかかったのでかなり焦らされました。おかげでWatchも満充電になりましたよ。

初期設定に関しては特に躓くようなことはありませんでした。しかし、何ができるかはよくわかりません。デフォルトの文字盤も情報量は多いのですがそれぞれの表示が何を表しているのかもまだ分かっていません。Digital Crownとかサイドボタンとかどんな時にどちらのボタンを押せば良いのかもまだ分かっていません。おそらくiPhoneよりは直感的ではないと思います。画面が小さいぶん、いろいろ工夫しているんだろうなとは思いましたけど。

自分の場合は、やりたいことが決まっているので、初期設定が終わったら、自分好みの設定ができるか確認しならが機能追加していきます。

  1. 心拍測定→心拍数というアプリがあり何もしないでも可能でした。胸バンドしなくて済むなんて最高。
  2. Apple Pay→余裕。iPhoneと同じPayは共存はできないということで今まで使っていなかったQuickPayを設定してApple Watchに転送した。初回利用するときは少し緊張した。
  3. 音楽→ミュージックアプリで、iPhoneのプレイリストをWatchに転送できるので問題無し。ただし充電中しか転送できないみたい。
  4. ランニングの記録→StravaアプリがApple Watchに対応していたので問題無し。
  5. バイブレーションでスプリット→Stravaアプリで設定できた。けど設定できる項目がほとんどなくてランニング中の画面表示とかちょっと使いにくい。

音楽に関してはイヤホンはBluetooth接続になるので、BOSE SoundSport Freeを利用。設定アプリから普通にペアリングできました。iPhoneともペアリングしているので、切り替えが少し面倒だけどiPhone側はBOSEアプリがあるし、基本はApple Watchとペアリングしておこう。

あと、Series4と比べて、CPUは時と性能はほぼ変わらないらしいですが、ストレージ容量については16GBから32GB増えているようですね。ストレージは音楽を格納しているので倍増して嬉しい限りです。

これで、GPSモデルだけど、iPhoneなしで(Apple Watchだけで)、ランニングできる環境が整いました。計測も正確だし、GPS衛星の捕捉も速い、というか今までのSUUNTOが遅すぎたのかもしれませんが、GPS捕捉時間という概念がない感じです。HRモニターとの接続確認ももちろんないにですぐに走り始められます。胸バンドがないって素晴らしいです。

しかし、良いことばかりでもないです。

Stravaアプリは走っている最中に走行距離がわからないし、また走っている最中はタップやスワイプなどの操作は難しいです。物理ボタンであれば慣れれば見なくても押せるので案外良かったのかも。あと、ランニング時以外にも常時付けているとなんか重いというか邪魔というか。

なお、通常の使い方としても、LINEやGMailの連絡がくるのも便利だし、通知が腕をトントンとノックするようなバイブレーションで知らせてくれるのもスマートです。ついでに常時オンディスプレイは初めてApple Watchを使う自分として当たり前の機能すぎて、この機能無しでよく時計なんて名乗れていたなという感じです。つまりSeries5を買って満足です。ちなみにもう一つの新機能、コンパスは使っていないのでよくわからないです。

(まだロードレース大会とかロードバイクとか試せていないけど)ランニングウォッチとしてSUUNTOの代わりになるし、それ以外にも色々使えるので値段的にも悪くない買い物かと思います。

Pocket