DJI MAVIC MINI

Pocket

Mavic Mini

ドローン、やってみたかったのです。

正直トイドローンでも良かったのですが、本格的なドローンを販売しているDJIからMavic Miniという2.7Kカメラと3軸ジンバルを搭載し、安定性も抜群な、それでいて199g(200g未満であれば改正航空法が適応外となるのでギリギリの重量)という軽量化を図った画期的なドローンが発売されました。蛇足ですが価格はDJIにしては軽量化されていましたが、自分にとっては画期的ではありませんでした。

いや、Mavic Miniもトイドローンの部類にカテゴライズされるのですが、値段的にはまあまあ立派なドローンですね。搭載されている機能からすれば真っ当な価格なのですが。でも、ドローンってどこで使うのでしょう。日常では使うシーンは全くありません。

という事で、高価なおもちゃ購入に迷った挙句、(かなり我慢をしていたつもりですが)魔がさした瞬間にAmazonでポチってしまいました。

Amazonのマーケットプレイス「セキド/DJI 認定ストア 虎ノ門」から購入したのですが、発売日の11/15に到着しました。マーケットプレイスだとキャッシュレス還元で5%オフになるので、今回はAmazon公式を使いませんでした。

その週末に早速、実家の庭で飛ばしてみようとしたところ、エラー(code:40012)が。修理を依頼してください、だと!

mavic mini

初期化とかファームウェアのやり直しなど色々試してみましたが、解消せず。

Amazonに連絡すべきか、セキドに連絡すべきか、DJIにすべきか迷いましたが、結局(リアル店舗があるから早いかもと期待した)セキドに連絡し、やりとりを開始しましたが、不良品をセキドに送って、セキドからDJIに送って、検品して、結果的に初期不良という事で新品交換になり、新しいのが手元に届いたのが11/29。2週間ほどかかりました。

結局、検品にDJIに送られるのであれば、初めからDJIサポートにお願いした方が早かったかも。

と発売日に楽しめなかったのは残念ですが、今週末やっとのことで手にしたドローンを、満を辞して起動しました。

mavic Miniはトイドローンだからか199gに重量を抑えるためか、飛行時間が18分と結構短いので、慎重に遊ばなくてなりません。

はじめに離陸する際は、1.2mの高さまで浮上してホバリングするため、一応家の中でもドローンを飛ばせます。でもあまりお勧めはしません。浮力を得るために結構な風量が発生するのでホコリやら何やらが舞い上がるからです。練習のためにはいきなり外で飛ばすより室内の方が良いでしょうけど、広い部屋できちんと掃除や整理整頓をしてからの方が良いです。

部屋で少しだけ練習してから、次は実家の庭で飛ばしてみます。

何これ、めっちゃ楽しいです。

めっちゃ安定しているので自分のような初めてドローンを触るような初心者でも操作に全然問題ありません。そしてすごい動画が撮れますし、それがジンバル効果でとても滑らかです。

これ、すごくいい買い物だったのでは。まさに大人の遊び道具です。

いやしかし、色々規制があり、外では飛ばす場所を探すのに苦労しそう。

あと、結構な人気機種なので品薄という噂もあり、定価以上の価格で売られているのにも要注意です。

Pocket