在宅勤務で買ってよかったもの

Pocket

モニターアーム

今回は、前回の記事の続き、みたいな位置付けです。

在宅勤務であったらいいもの

そろそろ在宅して1か月。テレワークマスターと言ってもいいくらいな経験を積みました。仕事が忙しい時期だったりするので、結構疲れる在宅生活ですが、お昼休みは家族と団欒できてちょうどいい息抜きができたりと、ほんの少しだけリズムも作れてきたかなと思います。

心配していた子供たちも、1日の時間割を作ることによりある程度メリハリが出てきたと思います。チャイムはアレクサのアラームを設定しています。なお、毎朝の朝礼ではYoutubeでラジオ体操をやっています。大量に出ている学校からの宿題で、わからないところがあると途端にリズムが崩れるのが課題ですが。

さて。今回も在宅勤務で役立つグッズを紹介したいと思います。

今回の一押しはグリーンハウスのガス圧式モニターアームです。いやこれ最高でした。もっと早く買うべきでした。

今まで、モニタの位置が低くて、どうしても猫背になってしまいがちだったのを解決したいのと、狭い机の面積をモニタの台座が奪ってしまっているのどうにかしたいと思って、購入を検討していたのですが、結構高価なものが多くて手を出しにくかったのですが、グリーンハウスのこれは悪くない値段でした。そして品質もよかったのでコスパが良いと思います。

設置してみると、想定よりもモニタの位置を高くできないなと思いましたが、いざ利用してみると充分な高さでした。目線がまっすぐになり、姿勢も正せます。正直少年ジャンプを2冊重ねてその上にモニタを置けば高さは稼げますが、モニターの台座がなくなったことにより机の上がすっきりしたのが気持ち良いのです。ケーブルもアームにすっきり収納できるのもいい感じ。

あと、モニタを奥に、壁に近ずけることができるようになったのも目にとっては良い効果だと思います。とにかく最高です。

AnkerのUSB-C to HDMIケーブルです。これ一本でMacBookProから直接モニタに接続できます。せっかくモニタを高くしたんだもの、ノート型PCでも使いたいのです。

ただ、接触が悪いのか時々映らないんだけど初期不良かな。Ankerは信頼しているんだけど。何度か抜き差しするとちゃんと映るのでそのまま使っています。ちょっとイライラしますが。

追記:Ankerに連絡して交換となりました。しかしこのコロナ禍で返品は不要ということで新しいものを送っていただ砕けという対応をしていただきました。でも新しく届いたものもちょっと接続不良。MBPでも会社から貸与されたiPadでも。

BootCamp上のWindowsでも普通に使えました。ちなみにEV2334Wのモニタだと、HDMIのデフォルト設定がGameになっていたせいで文字がかすれてしまい、ケーブルの不具合かと思ってしまいました。モードをCustomに変更したら、問題なくなりました。

こちらのLa-VIEのトレーニングチューブですが、実はまだ届いていません。なのでレビューはできませんが、ラヴィのツボ押し、鬼の恩返しと同様に活躍してくれることを期待しています。

Amazonさん、StayHomeで通販人気が高まり、在庫切れが多数出てしまっているのでしょうか。

追記:こちらは無事に届いて、自分にとってちょうどいい負荷がかけられていい感じ。ただ、ゴム素材なので長期間使っていると若干ベトベトしてきそう。

仕事を集中するにあたって、足元は大事です。まず、ちゃんと足を置けるスペースが必要です。足がきちんと収まる場所がないとそれだけで意識が散漫になります。持論ですが。

そして、足つぼマッサージです。実は足置きがあったらいいなと思っていたんだけど、こちらの方が実用的です。

仕事中にふみふみ踏めたら最高でしょ。ビデオ会議していてもこれならば気付かれませんし。ツボに入ると変な顔しちゃうかもしれませんが。でも座りながらだと強い負荷はかけられません。ローラータイプの方が良いかもしれません。

最後に、GUのヘビーウェイトビッグT(5分袖)もいい感じ。夏に向けて気温が上がってくるこの季節、大きめサイズで厚手のTシャツがちょうどいいと思います。990円という値段も良いです。

Pocket