毛無山登山

Pocket

新しい趣味用に登山シューズを買ったので、さっそく次の山に登ってきました。
毛無山 という、山梨県と静岡県の境に位置する標高1,946mの山にのぼってきたのですが、この名前に今回は悩まされた。山梨県には今回登った山とは別に毛無山(富士河口湖町、標高1,500m)が存在していて、間違ってそっちに向かってしまったのだ。幸い車だったのでリカバリできたけど、1時間程度の時間を失った。そして登れど登れど、草木が生い茂っている。剛毛山じゃないか!
ちなみにwikiには以下のように書いてありました。

山名の由来は樹木がまったく無いことから(木無し)、あるいは樹木が豊富に茂っていることから(木成し)と相反する説がある。

登山自体は、ずっと急勾配が続き、帰りにこれを下るのかと不安になりながら登ったり、1合目ごとに看板がでているのだが、スタートが遅かったにも関わらず暑さでペースがあがらず、なかなか次の看板にたどり着かないため、余計に疲れたりと、前回より大幅に難易度が高かったです。いや前回が簡単すぎたのかも。
不動の滝展望台から
序盤に不動の滝展望台がでてくる。すごく遠くのほうに見えるのだが、落差が大きく、なかなかの迫力でした。
富士山展望台から
頂上まであと1歩のところで富士山展望台。往路はガスっていてなんにも見えなかったけど、復路でちょうど一瞬だけ晴れた。日頃の行いだな。雲の上まで登るのは気持ちいいね。
ちなみに山頂でも雲の中にいた景色だったが、おりる直前に少し晴れて富士山を望めた。
復路は急勾配を下る事になるのだが、登山シューズのおかげか結構すべらずにおりれました。それでも平均的なペースよりは若干遅かったとは思うが。
今回は往復で8時間弱かかってしまい、この後の行程(温泉と富士山プリンとほうとう)を慌ただしくこなし、無事に帰路に、というところで渋滞に巻き込まれてしまい、解散地点からの終電を逃し、結局車で自宅まで送っていただきました。
疲れたけど、自信もついた登山でした。

Pocket

コメント


  • 如月弥生

    お疲れ様でした!
    なんとか無事に登れたようで良かったですね~
    さて、筋肉痛にはなったでしょうか?(^m^)

  • 脇の下というか肩甲骨の外側というかよくわからない場所が筋肉痛になりました。
    そして結構長引きました。。

atsuron にコメントする コメントをキャンセル

* は必須項目です。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください