大縄跳びとステッピー

Pocket

Steppy

運動が苦手な娘。縄跳びも例外ではありません。致命的なのは長縄を使った大縄跳びで、なかなか飛び込むことができずに友達に早く行ってと怒られてしまう始末。おせっかいだけどなんとかしてあげたい。

冬休みの宿題として、縄跳びをすることがあったので、ついでに長縄を購入して大縄跳びもやらせることにしました。普通の縄跳びを2本結んで長縄として使うこともできなくもないのですが、苦手な子にはきちんとした長縄の方が飛びやすいので、購入に至りました。

はじめは、縄を怖がらないように、大波小波的なその場でジャンプするだけから入って、慣れてきたら回し始めて、その場で連続で何回跳べるかを計測。ここまではなんとなく計画通りに進みました。次に鬼門の八の字跳び。回っている縄に入っていくのと、飛んだ後に出て行くのが難しいようです。

タイミングは身体で覚えていくしかないので、何度も繰り返し行えば良いのですが、何度も失敗すると萎えてしまうし、体力も続かない。そこで飛ぶ位置だけ決めてタイミングは自分がとって、Goを出すことにしました。つまりGoが聞こえたら何も考えずに、飛ぶ位置まで走って行って、ジャンプするだけ。とは言っても縄を見ちゃうし、縄に当たったらという恐怖心もあるのでそこまでスムーズにはいきませんでしたが、なんとか大縄に入って、出て行くことができるようになりました。めでたしめでたし。

これで少し自信をつけたのか、少し縄跳びが好きになってきたみたい。やっぱ必要なのは成功体験ですね。ということでTVCMで観たSTEPPY(ステッピー)という縄跳び玩具に興味を持ち始めたので、ナイス好奇心とばかりに買ってあげることにしました。

こちらの玩具は、やっぱり普通の縄跳びでも代用できるのですが、専用品の方が飛びやすいということで。こちらは自分が教えるまでもなく、5分くらいで跳べるようになりました。自分もやらせてもらいましたが、軸足(右利きの自分は左足)にはめて飛ぶのは比較的簡単なのですが、逆の足にはめるとなかなか難しかったです。娘は逆の足も何度もチャレンジして跳べるようになっていました。楽しいことなら頑張れるのですよね。これで運動への苦手意識も改善されるといいのですが。

ステッピー

ちなみに縄の先端に付いているボールが光ります。ただし昼間の太陽光の下だと全く意味がありません。音楽でも流してくれた方が良かった気がします。GoProでSteppyをやっているところを撮影してみたので、良かったら見てやってください。

冬だと寒くて外で遊ぶのが億劫になりがちですが、縄跳びはすぐにあったかくなるので、思い切って外に出てさえすれば、寒さなんてすぐ忘れて楽しいはずですよ。

Pocket