腹巻き

Pocket

願い事

ハラマキってなかなかいいものなのです。

お腹を壊しやすい自分としては、お腹を冷やさない為に下着は欠かせないものなのですが、下着はモノによっては体にフィットせずにお腹部分に空気が入りお腹を冷やしてしまったりもします。

下着もちゃんとしたお値段のものを買って使えば良いのですが、ついついまだ使えるだろうとテロテロになった下着を着てしまい臭いと言われることもしばしば。

臭い対策は肌着から

そんな時にハラマキの良さを思い出しました。

ハラマキにはすごい伸縮性があり、フィットしているんだけどキツくは無いという絶妙なところを両立させています。

さすがにハラマキをして運動をする気にはなれませんが、スポーツメーカーのミズノから発売されているハラマキもあるようで、もしかしたら汗や暑さ対策もされている製品もあるかもしれません。

自分は至ってノーマルなハラマキを使っていて満足していますが、そう言えば昭和時代のものよりお腹全体が隠れるぐらい長くなっているように思います。イメージとしては某海賊狩りの方がしているハラマキが昭和な感じの長さで、平成令和時代はそこから4-5cm長いと思われ、下っ腹から胸の下まで冷えから守ってくれる感じが、より高まっていると思います。

で、ここからがハラマキの良さを再確認した部分なんですが、冬ってもはやヒートテック系の下着を着るじゃないですか。その下にハラマキを仕込むのですが。

なんか肌触りがとてもいいんですよね。

はじめはハラマキをしている違和感は多少あり、暑苦しいとまではいかないもののハラマキの位置ズレが気になる感じはありました。しかしそんなものはすぐに忘れ、つけていることさえも忘却の彼方へ飛んで行きました。

肌触りの話に戻しますが、冬になると乾燥からか肌が痒くなるのが通例でした。ヒートテックのせいではないかもしれませんが、化繊を使った下着だと余計に痒くなる感じもします。それがハラマキをすることでその部分はあまり痒くならなくなりました。(化繊のハラマキもあるのでしょうけど)

これでハラマキって結構良きものなんじゃないかと再確認した訳です。

もちろん、お腹を冷やさない(壊さない)という本来の効果もあるので、お腹緩い系男子には最強の通勤アイテムです。

と、いい感じの腹巻なのですが、なぜか長続きはしないですよね。

まず、冬は寒すぎて腹巻は下着の代替にはならないので、下着プラス腹巻という運用になりますが、やっぱり追加で着るというのは面倒です。また腹巻は肌に直接なので衛生的にも毎日洗いたく、ある程度の予備数(5枚くらい)を揃えておく必要もあります。

あとはそもそも在宅勤務になり、通勤が減ったので腹巻の必須性がなくなってきたというのもあり。

何が言いたかったかというと、腹巻機能のついた下着を無印良品かワコールあたりが販売してくれないかな、と期待しています、ということです。できればパンツの方ではなく、上半身の方の肌着で。

Pocket