FlashAirでNikon 1 V1の画像をその場で共有できるようになる

Pocket

flashair

友人から、あまり使わないので、ということで無料で新しいおもちゃを譲り受けてしまった。無線LAN内蔵のSDカード「FlashAir」だ。

※この商品はSD-WB008GとSD-WL008Gと2種類の型番が存在する。両者の違いは、発売時期が違うのと中国で利用できるかの違いのようだが、実質的には変わらないと思われる。値段も違うので安いほうを変えばよいかと。

FlashAirとは

先ほども「無線LAN内蔵のSDカード」と記述したが、普通のSDカードと何が違うのかというと、つまり無線LANで何ができるかというと、カメラで撮った写真をスマホなど他の無線LAN内蔵機器から読みこむことができるのだ。

例えば、FlashAirを使ってデジカメで撮影した写真をiPhoneで読み込めば、その場で撮った写真を加工したり、SNSへシェアしたりができるようになる。

仕組み的にはFlashAirが無線アクセスポイントになっており、そのアクセスポイントにWi-Fi接続をすれば、FlashAir専用のWEBサーバにアクセスできるようになるので、そのWEBサーバ経由で写真をダウンロードできるのだ。

自分が考える利点は2つ

  1. スマホでは撮影できないような写真をデジイチなどで撮影したときに、その写真をその場でシェアができるようになる
  2. 夜空の撮影など細かい部分のブレをチェックしたいときにiPadに取り込んで大画面でチェックできるようになる

iOSなどスマホでのFlashAirアプリも無料公開されているので、使い勝手はなかなか良い。はじめのWi-Fi接続の設定さえクリアすれば、そこまで知識も必要としない。アプリを使えばダウンロードする写真を選択(複数選択も可)して、そしてスグにSNSや友達に共有できるようになるのだ。

ただ、少し残念な部分もある

  1. カメラ側でフォーマットすると設定も初期化される。(写真を全部消したいときに面倒)
  2. 写真を読み込むスピードが結構遅い。また接続が不安定なときもある。

ちなみに、FlashAirを使うことによりカメラのバッテリーの持ちが悪くなるのではと心配していたが、体感できるほど差がなさそう。

蛇足だが、基本的にはカメラを選ばないでこのSDカードは利用できる。ただ、ごくまれに使えないカメラもあるようなので、念のため動作確認機種を確認しておいたほうがいい。Nikon 1 V1はもちろん普通に使えました。

最後に、RAW撮影している人は、そのデータをスマホに持ってきても表示されないので、RAW+JPEG撮影にしたほうがいい。スマホに持ってくるのはJPEGにすればきちんと表示される。ちなみにApertureで写真を取り込む際にはRAW+JPEGペア撮影を自動的に認識してくれて、RAWのみ取り込みとか設定できるので安心です。

FlashAirはなかなか楽しいおもちゃです。便利だけど使うシーンを選ぶなあ。

Pocket

コメント


  • zuco

    なぜタダで?これ気になるなってるんだよね。


    • atsuron

      買ったはいいけど、使いこなせないからってくれたんだよ。
      無線LAN接続を切り替えとか、詳しいない人には少し面倒っぽい。

コメント投稿

* は必須項目です。