狭山湖トレイルランはお手軽で初心者に最適

Pocket

狭山丘陵トレラン

トレイルランを始めてから、週末の度に山に行きたくなりそわそわしているのですが、先日振った雪の影響がわからず、今週末は普通の登山道はすべって怖いかなと思っていました。

そんなときに読んだ本、「全国トレイルランニング コース徹底攻略ガイド」に狭山丘陵が紹介されていたのを思い出した。初心向けコースだし、山奥じゃないから陽も当たって雪が溶けやすいだろうし、何より車なら自宅から結構近いので、とりあえず行ってみる事に。

車で行くので、スタート&ゴール地点は駐車場にする必要がある。”狭山丘陵” “駐車場”で検索して見つかったのが、野山北公園運動場駐車場。利用時間が8:00〜18:00と他の駐車場に比べて長いのもありがたい。しかも日帰り温泉施設の「かたくりの湯」のすぐそばなので、帰りに汗を流してさっぱりする事も出来る。実際、この駐車場、公園のためだけでなく、かたくりの湯の第二駐車場としても利用されている。

 強風がかなり冷たい中、駐車場から走り始めると、コースがよくわからなくなった。本によるとフェンス(金網)沿いを行けば迷う事が無いとのことだったのですが、フェンスが見つからない。野山北公園を彷徨いながらとりあえず六地蔵を目指すとフェンスがあったので、そこからは全く迷わず走る事に専念できました。でも横にずっとフェンスが続いているのもなんだか落ち着かない気持ちです。途中、六道山の展望台(塔)に登って、上記写真を撮ったりと少々休憩。それ以外はアップダウンがそんなにないため、14km弱のほぼ全区間走り続けることができました。

ほぼ、と言ったのは以下のような場所がところどころに残っていたから。

狭山丘陵トレラン

やっぱり雪が残っていました。この辺はビビりながら、そろそろと歩きます。

ちなみに今回のシューズもニューバランスMINIMUS MT10。地面を良く噛むと言われるビブラムソールの真価が発揮できるシチュエーションかと思ったのですが、さすがにツルツルの氷の上では滑りました。ついでにMT10の重量は27.0cmで片足217g。かなり軽いので足があがります。でもソールが薄いのか、石を踏むと痛いシーンもありました。 

狭山丘陵トレラン

今回は狭山湖を一周して終了。かたくりの湯の駐車場を起点にして14kmを1:25のタイムで走りました。トレランにしてはお手軽です。そういえば狭山湖のまわりを走っていた筈なのに、狭山湖が見えたのは最後の方だけでした。堤防の上の道は強風でガチガチ震えがきました。

最後にかたくりの湯でしっかり身体をあっためて、気持ちよく帰路に着きました。狭山丘陵(狭山湖)のコースは(車移動だと西所沢駅の横の踏切を抜けるのに時間がかかるのが難点ですが)、都心に近いし、トレイルだし、迷わないし、公衆トイレも多いし、何かあったらエスケープしやすいルートだし、温泉もあるし、アップダウンも少ないしと自分のような初心者にはもってこいのコースだなと思いました。今回は狭山湖を一周したけど、多摩湖とつなげてみても面白いかも。トレイルよりもロードが多くなりそうですが。

とりあえず、今週末もトレラン出走でき満足です。

Pocket