BONDIを街で履く

Pocket

BONDI7

先日家族の買い物に付き合ってアウトレットモールに行きました。

ブランドじゃなくても良い洋服は買えるし、決まった型番であればネットで安く買うことも可能なので、コロナ禍においてわざわざアウトレットに行くのもなあという気持ちがありましたが、行ってみたら出会いがたくさんあって楽しかったです。特にクアアイナというお店のハンバーガーが美味しかったですね。

という前置きはともかく、結構広いアウトレットだと歩き疲れて、足に乳酸が溜まっちまったぜ状態になる。比較的歩きやすいスニーカーを履いていても、だ。

そんな時にふと立ち寄ったお店(アローズのアウトレットシューズ専門店)に、おしゃれなシューズとしてHOKA ONE ONEが飾ってありました。前々からランニングシューズを街で履くことを推進している自分としては、非常に良い流れがきている気がした。展示してあったのはBONDI7というモデルのブラックカラーでゴツくてカッコいいと思われる。欲しい。

最近ダッドシューズとかいうお父さん系なぼってりシューズが流行っているらしい。BONDIは走れるダッドシューズとして一目置かれているようだ。決して流行りに乗りたいわけではないが、良い商品だよと背中を押してもらった気分だ。欲しい。

しかも今履いているスニーカーはくたびれてきている。しかも長時間歩くと足が疲れる。その点、軽量なランニングシューズであれば疲れなそう。欲しい。

良い出会いもあったものだ、と早速試し履きをさせてもらおうと思ったら、自分のサイズは売れ切れていたというオチで、しかしこの膨れ上がった物欲は抑えることができず、アウトレットモールに居ながらも必死でスマホを操作して、アウトレット以上の値引きをしているネットショップを見つけて、購入したのでした。めでたしめでたし。

ネットで購入すると、家に届くまでの間が待ち遠しい。すぐ試したい時などは配送業者のトラッキングと睨めっこすることもしばしば、だ。今届けば、本日のランニングで試せるんだけどなー、最寄りの配送拠点からは出発しているんだけどなー、と走るタイミングを見逃してしまうくらい待ち遠しい。そして届いた後もサイズが合うかどうかが結構ドキドキする。自分はHOKA ONE ONEは26.5cmと決まっているので問題ないはずだが、それでも足を入れる瞬間は少し不安になる。実際問題なかったけど。

で、実際にランニングしてみたところ、同じブランドのカーボンX-SPEよりも走りやすい。新しいシューズということで気分が高揚しているから、というのは存分にあるけど、ゆっくり目のスピードならば非常に安定感があって疲れにくい気がする。設置面がロッカー形状というゆりかごのような曲線になっていることから足が勝手に前に出るんだけど、グラつきもないという感覚です。どちらかというと走れる街履き用シューズ、という名目で購入したのですが、こちらがメインにランニングシューズになりそうな予感もします。カーボンX-SPEは(いつかくるかもしれない)決戦用ってことで。

BONDIはHOKAのロードシューズラインナップの中で最もクッションが厚いモデルとのことで、優しい着地が癖になりそうな走り心地です。それでいて決して重くない。そりゃ疲れにくいよね、と思いましたよ。では、ウォーキングにはどうでしょう。目論見通り疲れにくいのでしょうか。こればっかりはもう少し履きこなしてみないとなんとも言えませんが、今のところは履いてて疲れたということはありません。靴底の形状より転がるような推進力を得られるので、歩いていてもついつい走りたくなってしまうようなシューズではあります。いやこれ買ったばかりで良い商品、と思い込んでいるプラシボ効果なのかもしれませんが。

ちなみに街で履くにあたって、見た目はどうでしょうか。正直、でっぷりしすぎていて、自分が持っている洋服に合わせるが難しい感じがします。スリムなデニムとかだとなんか靴だけ浮いている感じが否めません。でもハーフパンツとかジョガーパンツには合わせやすそうにも思います。やっぱりアクティブな格好に合わせるべきですかね。そうそう厚底なので、ちょっと身長が(脚が)伸びたような錯覚が得られます。

BONDIのブラックは単品ではとてもかっこいいけど、合わせるのがなかなか難しいシューズ、というのが自分の感想です。もちろん、ランニングするような格好にはとても似合いますけど。正直誰も他人のシューズをそこまでチェックしているわけではないけど、まあ知っている人は知っているブランドということもあり、街で履くにも及第点でしょう。

とにかく今まで履いていたくたびれてきたスニーカーと同じように履き潰す勢いで、足に身体に馴染ませようと思います。そうすれば自分に似合う靴になると思いますし、ね。

Pocket