レース時のエネルギー補給について

Pocket

ゼリー

以前にトレラン時の行動食についてというエントリーを書きましたが、今回はレース時の補給食について。

レース時は時間との戦いなので、止まってむしゃむしゃと食べているわけにはいきません。もちろんウルトラマラソンとかフルマラソンを超えるような距離を走るトレイルランレースなどは、立ち止まって食べるシーンもあるかもしれませんが、少なくても、自分が参戦するような20km前後のレースでは立ち止まってエネルギー補給をしている人は見たことがありません。

10kmくらいまでならエネルギー補給をしなくても、真夏の炎天下でもない限り、問題はないと思います。でも20kmを超えたり、トレイルなどアップダウンが激しいコースだったりすると、やっぱりエネルギー補給が必要になってきます。後半のやる気が全然変わってきます。

また、レースだと補給食を携帯するにあたって、軽さや大きさも重要になってきます。重くてかさばるものだと、タイムにも響いてくるような気がします。あと腰にも響きますね。

ということで、レースの時の補給食は、固形物ではなくて、小さくて、かさばらないで、素早くエネルギーチャージができるものが望ましいのですが、今まで自分が試したものをご紹介したいと思います。

ザバス ピットイン エネルギージェル

安心の明治ザバスのエネルギージェルです。ジェルというのはなかなか表現が難しいのですが、ドロドロに煮詰めた水飴みたいなイメージで、水分がないと飲みにくいです。いや食べにくいです。もちろん水無しでも大丈夫なのですが、水がないと口の中にベタベタ感が残る感じ。

でも、味は結構好きです。自分は栄養ドリンク風味を試したのですが、少しクスリっぽい感じがドーピングしている感があって元気が出ます。レッドブルとか決して美味しいってわけじゃないけど、好きって人にはわかるかと思います。

またキャップがついているのがいい感じです。疲れている時にキャップを外すのには相当苦労はしますが、飲み終わったあとにキャップをすることでゴミがドロドロベタベタしません。何を言っているのかわからないと思いますが、ジェルを体験した人にはそのベタベタが洋服や体についたらという恐怖がわかると思います。ちなみにキャップがないタイプは、詰め替え用液体シャンプーのビニール袋みたいなのを想像いただければと思いますが、切り口から飲み残したドロドロが出てきてしまう可能性が高いのです。

ワンセコンドBCAA ゼリードリンク

安心のグリコのゼリー風ドリンクです。こちらはゼリー飲料(ウイダーinゼリーとか)を想像していただければと思います。ウイダーinゼリーよりは少し水分多めで、水分補給が可能という意味でもいい感じです。

このワンセコンドシリーズはCCDとかBCAAとかHCAとかいくつか種類があるのですが、あまり違いはよくわかっていません。とりあえず持久系アミノ酸と言われるBCAAがランニングにはあっていると思われます。

味はジェルタイプに比べて薄いしさっぱりしているので、激しい運動中の喉が渇いた時にも最適。最大の特徴は、商品名からわかるように、1秒(ワンセコンド)でさっと飲めるので、運動中のエネルギー補給にぴったりです。これはオススメです。

ミドリ安全 塩熱サプリ

タブレット(ラムネ)タイプというか固形物の補給食になります。とても小さいのが良いのですが、個包装になっていないので持ち運びに苦労します。紙やラップに包めば良いのでしょうか。

固形物といえども、お腹を満たしてくれるものではないので、気分転換にガリっと嚙み砕く感じです。水と一緒に飲むと良いとのことですが、単体でもラムネ感覚で食べられます。食べるサプリメントというやつですね。塩分を若干感じますが、なかなか美味しいのがびっくりです。

ちなみに熱中症対策とかレース後半に足を攣りにくくするとかの効能がありますが、自分にはあまり実感できませんでした。

PowerBar パワージェル

エネルギージェルの代表的なもの。キャップがない分、軽くて小さいのですが、前述の通り飲み終わった後のベタベタが気になる商品。味もかなり甘くてあまり好きではありません。濃度が高くてカロリーが高いのは認めます。

ということで、自分はザバスのピットインゼリーか、グリコのワンセコンドが気に入っています。飲むと確実にやる気が違ってきます。レース中は、ノースフェイスのフライウェイトレーシングショートのポケットにいずれかを詰め込んで走っています。フライウェイトレーシングショートはこれらを詰め込んで、さらにiPhoneを入れて走っても、全然揺れないので、相当気に入っています。

やる気を持続されるためにも、エネルギー補給は重要です。ぜひ自分好みの味を見つけて、良いレースを楽しんでください。

Pocket