Feiyu FY-G4用延長ポール

Pocket

Feiyu FY-G4延長ポール

すっかり気に入っている3軸ジンバルのFY-G4。これを使うことにより浮遊動画、いわゆるブレが少ない映像が撮影できます。ジンバルの威力にはかなり満足しています。

外出するときは、大抵GoProとともにFY-G4を連れ出して、結構たくさん撮影しているのですが、(同じような映像ばかりで飽きてしまったので)もっと面白い映像が撮れないかなと思って追加資材を購入しました。

視点を変えるための、延長ポール(追加棒)を。

FY-G4の持ち手の部分はネジ山が切ってあるので、径さえ合えばホームセンターとかで延長ポールが売っているかもしれませんが、今回は純正品である、Feiyu FY-G4用延長ポールをAmazon(Lankdeals)で購入しました。

FY-G4延長

1本だいたい36cmくらいの延長ポールが2本付属しているので、合計70cmくらい延長できます。参考までに写真の緑色の物体は35cm定規です。

知らない人が見たら自撮り棒みたいになっていると思いますが、自撮りはできません。いや頑張ればできるかもしれませんが、カメラを自分の方に固定するのがそもそも非常に面倒なのと、ポールが軽い分、重心がカメラ部分になり片手で持っているのが少し辛いので、自撮り目的では購入を避けた方が無難です。

延長ポール自体は結構軽いし、2本に分割できるので、持ち運びには非常に助かるのですが、先ほども触れたとおり、重心の位置的に両手できちんと持つ必要があります。まあポールが重かったとしても、両手で持たないと安定しないので難しい所なのでしょうが、持つ部分にグリップを付けるなどの工夫があるとより良かったと思います。持ちづらいので動画がブレてしまう、とまではいかないので、使用上は問題ないのですが。

延長ポール

ポールの中は空洞となっています。そのおかげで軽くなっています。素材はカーボン柄ですがアルミがメインで使われているような感じです。商品説明には炭素繊維を使っているとのことなので、カーボンも使っているのでしょうけど。

ちなみに構造上、延長ポールを取り付けるとFY-G4のメインスイッチがON/OFFできなくなります。なので取り付ける前にONにして、使わないときはスタンバイモードにするといった使い方になります。この辺も、使用上はそこまで問題にはなりませんが気にはなるので、延長ポールを付けたままでもメインスイッチをON/OFFできるとなお良かったです。

肝心の延長ポールを付けた時の動画撮影ですが、確かに視点は広くなります。高い所から、低い所から、とカメラを移動しながらの撮影はなかなか面白いです。が、普通の公園のだだっ広い広場での撮影ではあまり高い視点の素晴らしさは堪能できなかったのも確か。もっと高低差のあるような場所での撮影とか、滑り台やジャングルジムの高い所に近づけての撮影とか、延長ポールならでは、といった動画を撮影したいものです。

Pocket