PhotoSyncで写真バックアップ

Pocket

ディズニー

写真を捨てられない病は、現在社会にはまだ蔓延していて、一眼カメラユーザの自分などはそのせいで未だに身銭を削っています。

写真のバックアップについて、もう少し世の中でやり方を共有したほうがいいじゃないかと思う。特にMacユーザ間において。

時はすでに2020年。AIが良い写真を選んでくれる世界にはなってきたかもしれないが、不要な写真を自動で削除してくれる世界には、未だなっていない。なのでいつのまにかスマホなりMac/PCなりのストレージ容量は限界に近づく。

もちろん、バックアップにおいて便利なサブスクリプションサービスはたくさんあるし、もっと言えば端末のストレージ容量は増加される傾向にある。だが、お金をあまりかけないで、写真をずっと保管しておきたいという欲求においては情報が見つけ難いのです。

自分の場合は、HDDと一応クラウドサービス(Flickr)に頼っています。

やっぱりHDDが一番コスパが良いと思われるからです。3年くらい運用できると考えるとクラウドより若干安価になります。

壊れたときなどは自己責任になるけど、4TBくらいの容量の内蔵HDDが1万円弱程度で購入できるので、ここに保存しておくのが一番楽チンなのであります。

今はまだMacProという内蔵HDDを追加できる端末があるので、OSはSSDに格納してあるけど、写真や動画については追加した内蔵HDDに保存しており、さらにOSや写真動画すべてを別の内蔵HDDにTimeMachineにてバックアップしています。写真はローカルに保存されているので、比較的すぐに探せるし、バックアップについても勝手に動作してくれるし、動作も速いし問題はないです。

これが自分が考える1番ラクでお金がかからないやり方です。

しかし、今のMacProが亡くなってしまったらどうなるのだろう。内蔵HDDを気軽に追加できる端末はwindows機しかほぼない現状では不安が募ります。(新しいMacPro2019は流石に買える値段じゃないので)

そもそもMacBookなどノート型パソコンユーザはどうしているのだろうと、数少ない知り合いのMacユーザに聞いてみると、時々外付けHDDに保存するくらいかな、とのこと。USB-Cの外付けHDD(SSD)は結構高いんだよなー。でもMacProが壊れる頃には少し状況も変わってくることを期待して、一旦問題は先送りしておくことにします。。

話を戻すと、現状、一眼カメラで撮った写真は、写真.appで取り込んでいます。それだけでTime Machineまで自動でバックアップされ、結果的に2つのHDDに保管されてることになるのでとても便利です。

しかし、写真は一眼カメラで撮ったものだけではありません。iPhoneで撮った写真については、MacProに接続しない限り勝手にHDDに保存されてはくれないのです。

昔はフォトストリームとか言って、iPhoneで撮った写真も勝手に年月別にMacに保存されていたけど、マイフォトストリームになってからは表示だけになって別途ダウンロードが必要になったみたいなのだ。容量を追加課金できるiCloud写真を使えということでしょう。

撮った写真は勝手にHDDにバックアップしてほしい。これを解決してくれるのが、NASとPhotoSyncというアプリです。

NASは内蔵HDDをミラーリングして運用しています。なのでNASに保管するだけで、2つのHDDに保存されることになるので写真は安泰だ。そしてNASは24h稼働なのでいつでも保存することが可能です。

ということで、あとは自動で意識せず、勝手にバックアップする仕組みを構築すればいいんだけど、それはPhotoSyncというアプリで実現できます。

仕組みとしては、位置情報を利用して家に帰ったとき、かつWiFi接続時に、NAS上のFTPサーバへ新しく撮った写真を転送するというシンプルなもの。

子供のiPhoneにもこのアプリを仕込めば、どんな写真を撮ったかもわかってしまいます。プライバシー的によくないし、かつ勝手に仕込むと嫌われるので、子供の同意を得てから導入しましょう。でも昔の写真はどんどん削除できるようになるので、容量ギリギリまで使っている人にとっては悪くない話だと思います。

ちなみにPhotoSyncというアプリは無料ですが、プロアカウントを購入しました。ファミリー共有もできます。

実は我が家のNASメーカーのQNAPが提供している無料アプリでも同じことができたみたいです。他のNASメーカーも同様のアプリを出している可能性もあるので調べてから購入しましょう。

あと、マンションの上層階の場合、位置情報をピンポイントで自分の家に設定していると、位置はマンション敷地内だけど、まだ部屋についてなくてWiFi圏外になりエラーとなるケースが発生します。その場合は、自分の家の位置情報を少しずらしておくと良いでしょう。例えば南からマンションに侵入する場合は、位置情報は北にしておく、など。

写真を捨てられない病は、深刻です。後から振り返ったときに意味がわからない写真ですら、なにかの価値があると勿体なくて捨てられなくなるのです。いや、要らない失敗写真を整理して捨てろ、という話なんですが。

最後に、自分はFlickrも使っています。ブログで写真を共有するときにFlickrは便利だったんですよね。でも年々値上げをしてくるので、付き合いきれなくなってきたというのが正直な気持ちです。長年使ってきたので応援したい気持ちはあるのですが、特に機能もアップデートされるわけでもないので、サービス終了間際の悪あがきにも思えてきてしまいます。自分はAmazonプライム会員なので、Amazonプライムフォトという選択肢もありますし。

Pocket