風邪を治すには

家族の中では身体の丈夫な自分が、風邪を引きました。 運動する人は風邪を引きにくいイメージがありましたが、運動することで逆に風邪をひいてしまうこともあるので、結果的にはそれほど差がないようです。 特に負荷の高い運動を行なったあとは免疫力が低下していて、その状態で汗冷え等身体を冷やしてしまうと簡単に風邪 … 続きを読む

テンピュールのアイマスクを再購入

小さい頃は真っ暗な状態で寝ていました。 結婚してからは、常夜灯、小さな豆電球を付けっ放しで寝るようになりました。 それが睡眠の質とかにどう関わってくるのかはわかりませんが、時々やってくる寝付けない夜には豆電球の光さえも鬱陶しく感じることもありました。 という若干無理やりな理由でもありますが、テンピュ … 続きを読む

メリノウールのベースレイヤーは素晴らしいのか

自分はお腹を壊しやすいので、下着は必須装備の一つです。 ランニングやロードバイクの時は、汗でびっしょりになるので下着(特に綿100%のもの)は避けていたのですが、専用のベースレイヤーを使えば、吸汗、保温、さらには調温も可能だというのです。 ロードバイク用のポリエステル製ベースレイヤーは持っていたので … 続きを読む

東武竹沢駅からの官ノ倉山トレイルランニング

東武東上線ユーザーとしては沿線のトレイルランスポット探しには余念がありません。 今回は時間と体力の都合上、10km程度のコースを探してみました。いつもの電車でハイキングというサイトで、「金勝山・官ノ倉山コース」という東武竹沢駅スタートで小川町駅ゴールという、アクセスのしやすいコースを見つけました。 … 続きを読む

人工知能(AI)って何

AIってなんとなく理解はしているつもりでも、説明するのは難しい言葉だと思います。 昔からある言葉で、流行り廃りはありましたが、いつかは実現する技術なのは確かでしょう。今回は、AI(Artificial Intelligence)というワードを解説していきたいと思います。 AIとは AI(人工知能)と … 続きを読む

OmniOutliner 5 proへバージョンアップしたらMarsEdit連携が便利になりました

自分はOmniOutliner4を所有していていましたが、最近は出番が減っていました。 ブログの下書き用として、もしくはアイデア出しのため、あるいは王様の耳について叫ぶ井戸の代わりとして、アウトライナーを利用しようと思っていましたが、書いたアウトラインをブログに吐き出そうとするのに手間がかかるのです … 続きを読む

東武越生線越生駅からのトレイルランニング

東武東上線ユーザーとして沿線のトレイルランスポット探しには余念がありません。 厳密には東上線ではないのですが、東武越生線の越生駅周辺にも素敵な野山が広っているということが判明しました。 桜の季節、こんなにも天気が良くて暖かな日は、会社を優雅に休んで、一人静かに山に籠って調査すべきだな、ということで行 … 続きを読む

スロージョグとLSD

ゆっくりと走れていますか。 ランニングをするときは、せっかく運動するのだから、追い込むことで昨日の自分よりパワーアップをしたいと思ってしまいます。速く走ることで自分を鍛えたいと思っているのです。 それは誤った考えではないのですが、鍛える、という目的に置いて別のアプローチもあります。その一つがスロージ … 続きを読む

八方美人

自分は嫌われるのが嫌いです。 それ故、誰にでもいい顔をしようとする、八方美人タイプなのだと思います。 八方美人がために嫌われたりもして、それはまぁ仕方ないと割り切ろうと思っているのですが、一度嫌われてしまうと、自分も方からも嫌いになってしまいます。そしていい顔もしなくなります。 八方美人失格です。せ … 続きを読む

Raphaを安く購入する方法

Raphaのサイクルウェアはやっぱり品質が良い。物欲を満たしてもくれる。ただ、値段が高いのです。 なので、SALEを狙って購入することがほとんどなのですが、SALEは夏(8〜9月)と冬(12〜1月)と年2回しか開催されません。 それ以外にも、アンケートやクイズに答えることにより、20%引きのクーポン … 続きを読む

Zoff SMARTで楽なメガネを作った

メガネを買いました。 コンタクト派な自分ですが、花粉で目が痒くて仕方がない季節だし、時々コンタクトが入らない朝があったりするので、メガネで過ごす時もあります。でもお気に入りの999.9で一日中メガネをしていると、頭痛がするくらい疲れるし、鼻にパッドの跡が残ったりして少し不満がありました。今のメガネが … 続きを読む

完璧なシステム

長年SEをやっていると、システムに対していろいろな経験ができます。 絶対に発生しないと思われたエラーが発生した、とか、ほんの小さなミスがこんなに大事に至るんだ、とか。 そんな経験値がたまると、SEとしては成長したことになるのかもしれないけど、どんどん慎重になっていくような気がしています。 コーダーと … 続きを読む