家庭用トランポリン

Pocket

トランポリン

トランポリンは体幹を鍛えることができて健康に良いとのことです。

そんなトランポリンが家庭でできたら、嬉しいですよね。

普通にAmazonで売っていました。ダイエットにもなるとのことで家族全員満場一致で購入決定。

早速我が家に設置されたトランポリンは、思った以上に大きく存在感があります。自分が購入した商品は直径サイズが92cmと102cmで選べて、102cmを購入したのですが、これは失敗したかもしれません。使っていない時は、立てておくことも可能ですが、邪魔だし見た目がよろしくありません。

折りたたみ式の室内トランポリン、という商品説明でしたが、折りたたみは非常に面倒なので、引っ越すときか仕舞い込むときか捨てるときくらいしか畳むことはなさそうです。

でも、トランポリン自体が楽しければ、存在感があっても良いのです。

早速、ポンポン飛んでみます。正直な感想としては、思ったよりも飛ばないなー、でした。もっとグイーンって伸縮して身体が高く飛びあがるものだと思っていましたが、案外硬くて今のところそんなに高く飛べません。

トランポランドのような専用施設の大型トランポリンとは、やはり微妙に違うと思います。小さめサイズ(92cm)を選んでいたらもっと飛びにくかったような気もします。面積が小さいとジャンプの度に着地場所にも気を使いますし、より固そうなイメージです。

トランポランドsaitamaでトランポリンを楽しんできました

徐々に慣れてきたら、高く飛べるようになるのでしょうか。

ちなみに平日だと、仕事が終わってからジムやランニングなどで運動するのが億劫です。しかし、家庭用トランポリンならばちょいと飛んでやるかなといった気分で、隙間時間でちょこちょこ運動できるのは最高です。そのためにも出しっ放し推奨です。

そしてちょい飛びのトランポリンがまあまあの運動強度かもしれません。なんかぐっすり寝れるというか寝つきがよくなった気がします。ランニングの後に昼寝したくなるやつと同じかも。まだ体重やウエスト周りには変化がありませんが。

しかし。

音は気になります。

我が家は集合住宅なので、家族以外にも、下の階や隣の部屋の住民にも気を使わないといけません。

離れた部屋にいても、「あ、誰か飛んでいるな」というはわかります。下の娘が飛んでいる時よりも、大人が飛んでいる時の方がそれを強く感じるので、振動というか音は確実に発生しています。

我が家が購入したトランポリンは、金属のバネを利用してなくて、全部ゴムで出来ているので、多少音の発生は抑えられている筈ですが、それでも、です。(あ、金属バネの方が飛びやすいとかあるかもしれませんね)

対策としては、トランポリンと床の間に一枚マットを用意することが一般的、のようです。トランポリン専用マットもあり、その方が確実に消音効果がありそうですが、常に出しっ放しならば良いですが、マットまで仕舞うとなるとかなり面倒です。

商品説明の画像に、円形のシャギーラグの上にトランポリンを設置している例があったので、それであればトランポリンを片付けた後も、ラグがおしゃれなのでそのままでも良さそうです。消音効果はわかりませんが。

滑り止めのないマットだと逆に危険なんじゃないかと思うし、畳の部屋で飛ぶと畳が傷つきそうだし、なかなか決め手に欠けますが、マットについてはちょっと色々試してみたいと思います。

音とか気を使わないといけない部分もあるので、真夜中とかには利用できませんが、ちょいちょいと気軽に飛べるトランポリンはとても気に入りました。子供達も喜んで長時間飛んでいて、楽しそうです。なんかストレス発散にもなっているのでしょう。

というわけで、皆様もトランポリンのある生活を、ぜひ。

Pocket