HOKA ONE ONE CARBON X-SPE

Pocket

carbon x-spe

新しい一年が始まり、今年もランニング習慣を続けていきたいと思っていたのだが、STRAVAで昨年のランニング距離を見てガッカリしてしまった。

550km。全然、走れていない。

特に距離的な目標は立てずに、週に1回は必ず走ることという少しだけ曖昧な数値目標にしてしまったのが敗因だろうか。

いや、このところランニングが辛いのだ。

「せっかく着替えて外に出たからには、1時間程度は走ってこよう」と思えたのは過去の話。今は、「今日は(も)すぐに息が上がるな、無理をしないで引き返しておこう」というメンタルだったりする。

そして徐々に体力が落ちていくという悪循環。

そう、新しいグッズを買わないと、モチベーションが保てない状況にまで陥っていたのだ。

ということで新しいシューズを購入しました。(以上、いつもの言い訳でした)

今まで履いていたHOKA ONE ONE クリフトン6は正直可もなく不可もなくって感じのシューズでした。

履き始めの頃は大層気に入っていましたが、徐々にプラシーボ効果もなくなり、やっぱりカラーはもう少し大人し目を選んでおけば良かったと思っていたりしていました。だけどクッション性はやっぱりいい感じで、悪くはないけどとても好きって感じでもないといった感じ。

HOKA ONE ONE CLIFTON 6

こいつとは1年ちょっと、大体750kmくらいは走ったでしょうか。まだ穴は空いていないし、愛着も少しありますが、最後まで色には慣れませんでした。

ということで次に買うべきは、少し落ち着いたカラーリングのシューズにしようと思っていました。

もちろん、HOKA ONE ONEから浮気をする気はございません。最近は基本オンラインで購入するのでサイズ感がわかっているブランドの方が買いやすいというのと、やっぱり厚底なのに軽いという走り心地からは離れられません。

HOKA ONE ONEをネットで検索していると、価格がお高いからと敬遠していたカーボンプレート搭載シューズが、新モデル発表に伴ってか色んなお店でセールになっているではありませんか。

カーボンプレートは、一昨年くらいの箱根駅伝でナイキの蛍光ピンクシューズが席巻していた時から気になっていました。自分レベルでもカーボンプレートを使えば速く走れるのではないのでしょうか。

購入したのはCARBON X-SPEです。今は「CARBON X 2」が発売されていますが、SPEは「CARBON X」のアップデート版なので、安定感が増しているとのことです。うん、素人には安定感大事なのでCARBON X-SPEは自分にはぴったりでしょう。

走ってみると、案外疲れるシューズだなと思いました。

3kmくらいまでは、驚くほどのスピードが出ました。クリフトン6よりも軽く、バネがあるのです。足が勝手に進み、どんどんスピードに乗ってくるという感じです。まるで魔法のように。

実際に重さを測ってみると238g(26.5cm/片足)で、CLIFTON6より2-3g軽い程度なのですが、カーボンプレートのおかげか相当軽く感じます。自分でもカーボンの良さが分かるのです。

でもそんな魔法も3-4kmを過ぎたあたりできれいに無くなります。そうなるとスピードは落ちてきます。

いやただ単に体力が切れただけなのですが、このシューズを良さを引き出すためにも体力が必要なんだなと思い上記の「疲れるシューズ」という感想になります。ちなみにゆっくり走っている分には普通の靴って感じです。

弾むように軽やかに走っていると本当に気持ちよく走れます。しかし、体力が切れてドタドタと走り始めると、クッションが効いているけど普通のシューズです。

ちなみにもっとバネが効いているのかなと思っていましたが、違和感がそれほどなかったので案外安定しているシューズといった感じでしょうか。試着や試走しなかった分、変な走り心地だったらどうしようとドキドキしていましたが、半分安心して半分拍子抜けした感じです。

最後に、1番肝心なカラーリングですが、今回は地味過ぎたかなあといった感じです。紺と白と金と赤の組み合わせはいいと思うのですが、細い紺色のラインがなんかかっこよくありません。でも金のヒールカップは少しテンションが上がります。ゴールデン!!

Pocket