冬に走るということ

Pocket

GT-2000 NEWYORK2

冬に外で運動するのは、若干の気合いが必要だ。

ロードバイクであれ、ランニングであれ、トレッキングであれ、ウォーキングであれ。

なぜか。春夏秋に比べると冬は寒いから。寒いと家からでるのが一苦労なのだ。

  • 着る洋服が増え、準備に手間がかかり面倒くらい
  • 運動開始して暑くなると着ていた洋服が荷物になり面倒くさい
  • 準備運動を入念にしないと膝や腰を壊したりするので面倒くさい
  • 運動後、すぐに汗等で身体を冷やさないように気を使うのが面倒くさい
  • 朝晩はさらに寒いのでさらに面倒くさい
  • そもそも布団からでれない

とにかく面倒なのだ。

さらには「冬に運動しても逆に太る」という噂もある。身体を寒い環境において運動すると脂肪がついてしまうというそれっぽい噂。

実はあまり根拠はない話なんだけど、今日は運動しなくてもいいかなと思った時には非常に良い言い訳になってくれる。

と、運動開始まではなかなか腰の上がらない冬の運動だけど、冬ならでは、といった良さもある。

実はさきほどの噂とは真逆の話なんだけど、冬のほうが新陳代謝があがりやすいのだ。

寒いときには体をあたためるために、

  1. 脂肪をつける
  2. 脂肪を燃やす

という2つの働きを身体は行っていて、2.の脂肪を燃やしていれば、1.余分な脂肪はつけなくていいと身体が判断してくれるみたい。

逆に運動しないと、脂肪をつけるだけになってどんどん太っていく、いわゆる冬太り状態になるようです。

自分的な結論は、冬は太りやすくもあり、痩せやすくもあるので、差がつきやすい季節ということでしょう。

ということで基礎代謝が高い冬の間に運動しなきゃということになるのですが、とりあえず最近ブームなランニングを選択してみる。

冬のランニング

自分の冬(埼玉県の12月〜2月くらいの冬)のランニングの装備を紹介する。

  • 速乾性のTシャツ(自分は長袖)
  • 軽くて柔らかいウィンドブレーカー
  • CW-X(ロング:保温タイプじゃなくてCOOLMAXだけど大丈夫)
  • ランニング用ハーフパンツ(CW-Xだけだと恥ずかしいので)
  • さらに寒いときは手袋とネックウォーマー
  • サングラス(冬の日差しも結構強い)
  • スパイベルト(iPhone用:アーム型ポーチより腰に付ける方が気にならない)
  • GT-2000 NEWYORK2

走りはじめはかなり寒いけど、これでだいたい寒さに耐えられます。CW-Xと靴下の間の足首が裸で寒いので、少し長い靴下があるとなおよいかと思います。

また走る前にはラジオ体操レベルの準備体操をしています。大人になったなーと感じる瞬間でもあったりします。

走るのは痩せたいからというのももちろんあるのですが、最近は大会にもでているので、少しでも速く走るための練習という目的であったりします。

ということで、50分/10kmくらいのレベルでの、走るメニューは以下のいずれかとなっています。

  • 5kmくらいの距離をそこそこのペースで走る(5分10秒/kmくらい?)
  • 4kmくらいの距離をインターバル走を取り込みつつ走る(ダッシュ時は4分40秒/kmくらい?)
  • 10kmくらいの距離を、ジョギングペースで(あまり息を切らさないように)走る(6分0秒/kmくらい?)

といえ、冬は走り初めから飛ばす事はしません。スタートは本当にゆっくりペース。手袋なしでもいいかなと思ってきたら普通に走ります。

ちなみに痩せるためには長い距離をゆっくりがいいんですが、飽きっぽい自分はインターバルが多かったりします。

ランニングアプリはNike + runningを利用しています。たまにフィットネスのランニングマシンを利用したときはGPSが利用できないのでNike + iPodを利用しています。

この2つのデータはクラウド上で保存されるので、例えばフィットネスで走った距離もNike + runningアプリで確認(同期)できたりして、便利だと思います。

まあ昔から使っていて、走行距離が蓄積されているので、乗り換えるのが面倒なだけなんですが。

ランニングアプリは走っている途中に、ペースを教えてくれるので、モチベーションを保つにはもってこいです。ただし、調子が悪いのもすぐにフィードバックされてしまうので、自分では一生懸命走っているつもりでも、ペースが上がらないことがわかると逆に一気にモチベーションが下がる危険もはらんでいますが。

でも練習を念頭におくのなら、ペース走だったり、ビルドアップ走だったりをするためにも、ランニングアプリはあったほうが便利です。冬で身体が冷えているのにペースをあげすぎないためにも。

ランニングが終わったら、なるべくはやくシャワーを浴びます。その後は保湿クリームを塗るようにしています。夏はそんなことないんだけど冬はなんか走った後はカサカサになってしまう事が多いからです。自分はウルオスのスキンミルクを使っていますが、これを塗っておけばとりあえずカサカサは大丈夫になります。

そして、その冬のランニングの結果、自分の体重は平均1.0kg痩せました。正直誤差の範囲かなと思っていますが、逆に太らなくてよかったとも思っています。冬は準備など面倒なことが多いけど、日射病とかにはなりにくいので案外運動に向いている季節なのかもしれません。

Pocket