CW-X JYURYUトップでランニング用最強装備完成

Pocket

CW-X jyuryu

以前に肌に触れる部分はCW-Xがオススメという記事を書いたのですが、その時は肌に触れていてCW-Xじゃない部分もありました。

そう、下着(TOP)です。以前は速乾性のTシャツを着ていました。まったく不満はありませんでしたが、CW-Xで揃えたいという欲求の元、セールで安くなっていたJYURYU TOP(WARM)を購入してしまいました。

JYURYU TOP

ジュウリュウトップ(ウォームタイプ)とは、スポーツ用肌着なのですが、ワコールのHPによると

肩甲骨まわりのラインが左右の肩甲骨をバランスよく支えて、可動域を広げます。また、中央に穴のあいたデザインが、左右の肩甲骨の動きの連動性を高めます。これらにより、肩甲骨を使ったしっかりと大きな腕振りが可能に。カラダ全体を使った効率のよいランニングフォームへと導き、疲労を軽減します。
肌寒さを感じる初秋から寒さの残る春先まで、さまざまなスポーツにお使いいただける軽くてあたたかい秋冬向けの素材を採用。
機能性:吸汗速乾・UVカット・ストレッチ・抗菌防臭・保温

との事なんですが、分類的にはコンプレッションウェアだと思います。テーピング理論に基づき、背中に沿ってサポートラインが施されていて、それが姿勢を正してくれます。実際ランニング中に、いつもより肩甲骨の動きがスムーズかもと感じました。

また冬なので長袖かつウォームタイプのものを購入したのですが、これがなかなかにあったかいです。着替えたときにじんわりあったかいなと感じて、走っている最中は決して暑くはないという絶妙な感じ素晴らしいです。動いていない時はさすがにあったくはないのですが。

写真ではわかりにくいのですが、ワッフル素材なので超薄手ではないのですが、肌触りはやわらかく、汗をかいても不快になりません。ハイネックタイプ(ゴルフ用?!)もあったのですが、自分はBUFFを持っているので丸首タイプにしました。

自分の体型は174cm/63kgなのですが、Mサイズでぴったりでした。もしかしたら腕の長さが短めかもしれませんが、下着と思えば全然気になりません。

ということで大変お気に入りとなったJYURYU TOPですが、気を付けないといけない部分もございます。JYURYUの下に心拍測定ベルトをしていると、JYURYUの位置を直した時(トイレに行った後にお腹の部分を下げた時)に一緒に心拍ベルトもズレてしまいます。まあコンプッレッションウェアなのでしょうがないですね。スポーツウェアはパンツなど紐で結んで位置を固定するものが多くて、トイレが面倒なのが難点ですな。

本日は以下のCW-X装備でロード14kmを走ってきました。

  • CW-X JYURYU TOP(上半身の下着)
  • CW-X スポーツショーツ(下半身の下着)
  • CW-X スタビライクス(スポーツタイツ)
  • CW-X ランニンググローブ(手袋)
  • CW-X BUFF(ネックウォーマー)
  • CW-X ハーフパンツ
  • CW-X Tシャツ
  • CW-X 五本指ソックス(靴下)
CW-Xコンプリート感があり、気分があがります。久々のオンロードで走りましたが、気持ちタイムが縮まりました。買ってよかったぜ。ランニング用としてはCW-Xは軽くて柔らかくて最強ですね。願わくは機能性(撥水防水やベンチレーション、背中ポケットなど)を向上したトレイルラン用ウェアもCW-Xから出して欲しいです。
Pocket