ギガパワーストーブ地を再購入

Pocket

スノーピーク

最近アウトドア的な趣味を好むようになってきたので、野外で簡単な料理のできるシングルバーナーを購入しました。トレイルランニングにも持っていけるし、子供との公園遊びにも使えなくもないかな、と。

購入したのは「snow peak ギガパワーストーブ地オート GS100A」という商品なのですが、実は10年以上昔にも購入したことがあったのですが、自転車ツーリングに行った際に無くしてしまっていて、今回再購入した形になります。

ギガパワー地

再購入するくらい気に入っていた理由はコンパクトな収納としっかりとしたつくり。コンパクトさは写真を見ていただくとして、つくりに関しては壊れにくく、安っぽくない感じがよいです。

スノーピークというブランド(ネームバリュー)に騙されているだけかもしれませんが、かっこいいロゴと丈夫な製品にとても満足しています。

トレック900

ちなみに同時に購入したのが、トレック900というコッフェル。目盛りは0.6Lしか付いていませんが、900mlの容量があります。ちなみにフライパン的なものとセットになっています。

トレック900はアルミ製のもととチタン製のものがあるのですが、迷いにまよってアルミ製を購入。昔はチタン製で揃えていたんですが、今のほうが貧乏ってことなんでしょうか。また、当たり前ですが、取っ手の部分はバーナーにかけると熱くなるので注意が必要です。火傷が怖いのでなんとかならないのかな。

緑のたぬき

今回多少なりともポイントが付くAmazonで購入したのですが、届いたのがあまりに嬉しくて、無駄にベランダでお湯を沸かして、カップそばを頂きました。MAXにすると、なかなかの火力で思ったよりも短時間でお湯が沸きました。

ちなみにこのガスバーナーは風に弱いことも思い出しました。 火力を弱めると風で消えてしまうこともあるくらい。別売で風防(ウインドスクリーン)もありますが、火力を上げれば安定しているので当面はこのままで。昔も風防は使わなくても困ってなかったし。

スノーピーク

トレック900とガスカートリッジとギガパワーストーブ地はコンパクトに収納することができます。ただしガスカートリッジ250イソ(220g)の大きさだと、ギガパワーストーブ地はケースに入れると収納できなかったです。ケースから出せば、収納できますが、なんか傷つきそうなので、ガスカートリッジは110gのものを購入して、ケースごと収納することをお勧めします。もしくはフタ代わりのフライパンを使わないで収納するとか。

ということで、ご飯を食べたあとにも関わらず勢でベランダでカップそばを作ってしまいましたが、久々にワクワクできるグッズを購入したと思っています。(もしかしたら震災時もほんの少しは役立つかもしれませんし、という言い訳)

使い道に関しては、昔はツーリングの際にインスタントラーメンを作って食べたりしていましたが、最近はコンビニがたくさんあるし、旅先での外食もしたいし、ということでよっぽどの田舎に行かない限り、ツーリングでは出番はなさそうな感じもします。なので、登山時や公園などであったかい珈琲を飲んだり、無駄にフリーズドライを食べたりして行きたいと思います。ドヤ顔で。

ご飯後にカップそばを食べたことは後悔していますが、ギガパワーストーブ地を購入したことは後悔させませんぜ。

Pocket