統計学が流行っているようなので

流行に流されやすい自分。書店の本棚に特集が組まれるようなテーマだとついつい気になっちゃいます。今回は統計学の本で一番売れていそうな本、ってことで統計学をかじった事がない素人が読んでみた感想です。 「統計学が最強の学問である」を読んで 統計学が最強かどうかは置いておいて、今後何か判断を行うときには統計 … 続きを読む

海外旅行を本で体験できるのか(世界を歩いて考えよう!を読んで)

自分はほとんど海外旅行に行かないので、考え方が偏っているかもしれない。 そんな劣等感にも似た思いがあった自分には「世界を歩いて考えよう!」という本書のタイトルにやられて読んでみた。 この本はブロガーが書いた本で、そのブロガーのちきりんさんは独特の視点を持ち、問題提起が上手な方で、とても人気がある。そ … 続きを読む

本を読んだら、どうする?

本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする読自の技術 この本の内容は読書術の本ではない ブロガーとしても有名な読書家の小飼弾さんが書いた、本との付き合い方についての本だ。 本は、きみを救ってはくれない。けれども、本を読むことで、自分を救える自分になれる 本屋で立ち読みしていて … 続きを読む

自滅する選択を読んで双曲割引を意識した

時間割引という言葉をご存知でしょうか。簡単に言えば、”ある時点に予定されていた金額の受け取りを、相手からちょっと待って欲しいと将来に延期する場合に、自分が要求する金利”です。例えば2日後に1万円を受け取る予定だったけど、あと1週間待って欲しいと言われたら利子として500円払っ … 続きを読む

公務員ってなんだ?を読んで

初めに断っておくと、紹介する本の著者とは知り合いです。少々いつもとは違う感覚で感想を書いています。 なんとなく、千葉市に働く公務員のために書いた本、と感じた。 もちろん、一番の動機は本の中で繰り返されているように、読者たる市民に身近な市のことに興味を持ってもらうこと、だろう。さらには一緒になって市の … 続きを読む

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書を読んで

日本では2012年2月、アメリカでは2010年7月に発売された本なので、少し新鮮味に欠ける部分もあるが、自分の知らないマネタイズ方法、しいてはビジネスモデルがあるかもということで手にしてみた本。 率直な感想としては、流行のビジネス用語の解説書といった感じ。先にネガティブな部分に言及すると、とにかく読 … 続きを読む

銀輪の巨人を読んで

この本はGIANTの経営者の人柄と社史を通してその成功の鍵を紹介しつつ、日本の経済に警鐘をならすビジネス書です。 「経済」「自転車」「グローバル」のキーワードに引っ掛かる人がいれば大変お勧めである。 ただし、そのうち「自転車」のウェイトが大きいのでそこに興味がない人には響かないかもしれない。 今回は … 続きを読む